スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

385回 結果

toto 385回 結果

 toto 的中数 9/13

意外にも今回はまずまずの結果。

外した4試合中、名古屋、鳥栖の引き分けは、
それぞれの得点力不足を考えれば、ありえなくはないところ。

難しい予想の1つだった「横浜M - 磐田」も、
好調FWイグノの活躍が3試合は続くだろうと踏んだためで、
個人的には悩んだ末 02 で購入。
悩むと言うことは、逆もあり得たわけで・・・。
ダブルでも外したことが、ちと問題なんですが。
今の磐田には黄金時代の面影がなく、
全く別のクラブと言ってもいいので、
過去の対戦成績はあまりアテにならないんですね。

そして、1番考えさせられるのが山形の勝利。
前節強敵鹿島を相手に引き分け、
調子が悪いと言うわけではなかったのは事実ですが、
まさか敵地で3得点快勝とは。
いや、それよりも大宮側の不甲斐なさを責めるべきでしょうか。
ここ3節は大宮を信じ勝利予想として来ましたが、
見事に全て裏切られました。
新監督を迎え生まれ変わろうとしているクラブは、
未だシステムの成熟は乏しいのかも知れません。
次節、F東京戦をどうするかは思案のしどころです。

他に意外だったと言えば、「清水 - 鹿島」「鳥栖 - 栃木」のスコア。
どちらも 2-2 のドローでしたが、
もっとロースコアになると踏んでいました。
今後得点が増えるようだと、予想がより難しくなりそうです。

しかし、前節から一転、ACL勢は名古屋を除く3クラブが勝利。
束の間の喜びだったようです。
さあ、次は11試合以上の的中目指して分析!

スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

385回 予想

toto 385回 予想

toto
 川崎  京都  1
 新潟  千葉  0
 名古屋 広島  1
 鹿島  神戸  1
 G大阪 F東京 1
 大宮  山形  1
 柏   大分  1
 清水  浦和  0
 横浜M 磐田  2
 鳥栖  栃木  1
 仙台  水戸  1
 C大阪 横浜C 1
 岡山  福岡  1

GWシーズンに入り、5連戦の2試合目となる今節。
ACL勢に限らず、過密日程が影響し
攻守に精彩を欠くことが考えられますが、
今はまだその時ではないと踏んでいます。

全体から見ると、今回はホーム有利予想が多くなりました。
過密日程に加え、移動する側はそれに伴う疲労感が残るもの。
サポーターもより多く入るこの時期は、
ホーム側クラブが頑張らざるを得ないときでもあります。

注目していきたいのは、まず首位を陥落した鹿島。
前節MF小笠原の出場停止により、
その存在の大きさを改めて痛感したところですが、
復帰できる今節は本来の安定感を取り戻せるはず。
FW興梠が怪我により出場が微妙ですが、
他のFW陣も実力者揃いなのでこの影響は少ないとみます。

ホームに迎える神戸は、ここにきて調子を上げてきており、
調子に乗らせると痛い目を見るかも知れませんが、
通常通りの試合運びをすれば、大きな失点はまず考えられません。
無難に勝利し、首位返り咲きを狙うと見ます。

次に、共に主力選手の負傷等もあり、
今季狙ったシステムの変更が上手く進んでいない17位柏と、
ゴールマウスに蓋をすることができなくなった18位大分。
最下位争いとなるこの対戦は、
今最も調子の悪い2クラブかと思います。

そんな中最も影響の大きいと思われるのが、
大分MFエジミウソンが出場停止であること。
前節は中盤の底でバランスを取っていた彼が退場したことが響き、
FC東京戦に負けたと言っても過言ではない。
鉄壁を誇る守備も、ボランチ2人の活躍があってこそです。
ここは思い切って、柏に今季初勝利をあげたいところ。

最後にJ2「岡山 - 福岡」戦。
ここまで10戦未勝利と、Jリーグの壁に苦戦している岡山ですが、
前節水戸戦では、テコ入れとして大きく選手を入れ替え、
攻撃的な色を出すことに成功しました。
結果こそ伴わず惜敗しましたが、未だ勝ちの無いクラブにとって、
3得点と言う攻撃は満足のいくスコアではないでしょうか。

対する福岡はまずまずの順位を維持してはいますが、
前節湘南戦は 0-3 と完敗し2連敗。
悪点を修正する時間もないのがこの過密日程の怖いところで、
連敗によりモチベーションは低いと考えて、
前述の柏同様、ここは岡山の初勝利に賭けてみたい。

さあ、明日は全国的に晴れるようですよ。




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

384回 結果

toto 384回 結果

 toto 的中数 5/13

なんだか最近の予想は難しいですねぇ。
こんなにアウェイよりの結果になるとは意外です。
しかし、今回も1等的中者なしで、繰越金は1億6千万超に。
BIGの繰越金がなくなり、購入意欲が湧かない今、
totoにすべてを賭けるときかも知れません。

ACL勢を見てみると、名古屋のみが辛うじて勝利。
予想通りとは行きませんでしたが、波乱を含んでいる点は満足。
名古屋のみ勝利と言う点がまた良いですね。

試合内容こそ良くはないですが、
セットプレーから点が獲れると言うことは、
過密日程を乗り切る上では非常に大きなポイントです。
負傷者も出し、苦しい中でも結果が出ていることは、
必ず終盤に良い意味で影響してくることでしょう。
1つ気になるとすれば、FW玉田が負傷しスタメンを外れてから、
クラブは公式戦3連勝。因果なものですね。

さて、全体的にスコアを見てみると、
0-0 ドローこそありませんが、
比較的ロースコアが多いようにも感じます。
悪天候(雨、風)の影響か、過密日程の影響かは分かりませんが、
今後も続く可能性もあります。

そんな中、3得点を挙げ勝利した磐田、神戸は、
新加入の磐田FW李根鎬と、
怪我から復帰を果たした神戸FW茂木が、それぞれ連発弾。
これに伴い、クラブも連勝と勢いづいてますし、
まさしく救世主並みの活躍になっています。

さあ、次は水曜日が試合日。
準備期間もなく、戦力の大きな変更はないでしょうし、
手堅くいきたいところです。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

384回 予想

toto 384回 予想

toto
 大宮  新潟  1
 清水  柏   1
 山形  鹿島  0
 京都  磐田  2
 大分  F東京 1
 千葉  浦和  1
 広島  川崎  1
 神戸  G大阪 1
 名古屋 横浜M 0
 横浜C 札幌  2
 岐阜  鳥栖  1
 愛媛  徳島  2
 草津  東京V 0

ACL勢は、(どことは言いませんが)1クラブを除き、
各々快勝し気持ちの面では申し分ない状態。
しかし、高額を狙う意味でも、パフォーマンスの低下を期待したい。
注目したいのは、連戦による疲れもありますが、
対戦するクラブの状態。

相性的な面を見ると、それぞれ良くも悪くもなくと言った感じですが、
山形は、今季行われたホーム2試合は共に無失点。
首位を相手に金星挙げようとモチベーションも高いでしょうし、
FK等でキープレーヤーとなっているDF石川は、
古巣との対戦となるので気合の入り方も違うことでしょう。

神戸は、本来の手駒が揃い始めスコア以上に対戦した大分を圧倒。
横浜Mは、神戸戦大勝により攻撃陣に、
そして前節鹿島戦を含む連続零封により守備陣も、
やれると言う自信を付けたはず。

残る広島は、前節新潟FW陣に圧倒された感があり、
それ以上の圧力を感じるであろう川崎は分が悪いともとれますが、
前ホームでの柏戦はゲームを支配しての圧勝。
以前は川崎戦を苦手としていた広島ですが、今はもう過去の話し。
アウェイを苦手とする川崎でもあるので、ここは勝負を賭けたい。

前節ハットトリックを達成した新潟FWペドロ・ジュニオールは、
契約条件により今大宮戦には出場できず。
ここにきてケガ人増加中の柏は、頼みのフランサを欠き、
チーム状態もあまり良くない。
よって、この2戦はホーム勝利で。

J2勢、札幌はFWキリノの出場停止は痛いですが、
今の横浜Cに期待するのは酷と言うもの。
今季調子の上がらない鳥栖と、
スタートダッシュ後下降気味の愛媛からは、
あまり得点の匂いがしません。

さあ、高額狙って行きます。
この予想なら、計算上は1億円を余裕で超えることでしょう。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

記念すべき初出場

4/19にホーム鳴門で行われた福岡戦で、
J2徳島MF井上渉が遂に公式戦初出場を果たしました。
出場時間は、後半途中からのわずか13分間ですが、
リードしていた展開を壊すことなく逃げ切り勝利に貢献。

肝心のそのプレー内容はどうだったんでしょうか?
美濃部監督の試合後のコメントを見る限り、
まずまずの及第点かと思いますが。
ただし、次節以降出場できる確約は貰えてないようです。

名古屋時代2年目にベンチ入りまで漕ぎつけ、
いよいよこれからと言う時に怪我をしてしまい、
チャンスを不意にしたこともあります。

今置かれいる立場はかなり微妙ですし、
少ないチャンスで限られた時間で
結果を求められている難しい状況とは思いますが、
得意のFKやウイング的なプレーを
普段通りに実践することができれば、
結果はおのずと付いてくると信じています。

次は先発フル出場、期待しています。



テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

383回 結果

toto 383回 結果

 toto 的中数 2/13

見事自己最高記録更新です。
・・・非的中数ですが。
ここまで当たらないと、なんだか気分がいいです。
逆に近々大当たりしそうな気さえしてきます。

しかし今節は、J1、J2の上位陣が揃って足踏みし、
未勝利クラブが勝利を挙げるケースが多数。
難予想だったことは言うまでもありません。
これにより、J1柏、J2岡山のみが未勝利となりました。
どちらも、引き分け数ではトップですね。

また、toto、totoBIGともに1等当選者なしで、
キャリーオーバーが発生。
次回狙い目です。

ゴールデンウィークを控え、
ACL勢にとっては先立って連戦となるスケジュールがスタート。
例年、この連戦により調子を崩すクラブも出てくるほどで、
今季を占う上では非常に重要なポイントとなりそうです。

益々混戦となりそうなJリーグですが、
予想もこの連戦を勝負所として
狙っていきたいと思う所存であります。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

383回 予想

toto 383回 予想

toto
 柏   名古屋 1
 新潟  広島  0
 川崎  大宮  2
 浦和  京都  0
 F東京 千葉  1
 鹿島  横浜M 1
 磐田  清水  2
 神戸  大分  0
 甲府  東京V 1
 湘南  岐阜  1
 札幌  C大阪 2
 水戸  横浜C 1
 岡山  富山  0

鹿島が遂に首位に立ち、
独走態勢に入るのかどうかが注目の今節、
対戦相手は、前節初勝利を 5-0 と快勝で飾った横浜M。
横浜Mは若い選手が多く、
快勝の勢いそのままに試合に臨んで来ると思われます。
となれば、万が一先制点を獲られるようだと、
より勢いを増させることにもなり得ます。

しかし、昨季の対戦は2戦2勝。
先発が予想される注目のルーキーFW大迫も2戦連発と調子が良く、
他の選手も含めカシマスタジアムで
不甲斐ない試合をすることは決して許されないはず。
無難に鹿島が力の差を見せ、勝ちきると考えます。

他に注目したいのは、静岡ダービーとなる「磐田 - 清水」戦。
比較的両クラブの状態は対照的で、
上り調子の清水に対して、未だ未勝利降格圏の磐田。
磐田は、唯一の得点源であるFWジウシーニョが出場停止。
代わって奮起が期待されるのが、
開幕後に獲得し初戦となる韓国代表FW李根鎬。
しかし、その能力は未知数なところが多く、
連携不足も否めないため、ジウシーニョ以上の活躍は見込めない。

清水は、FWヨンセンを使った攻撃パターンが効果を表し始め、
それに伴い、他選手もそれぞれ活きるようになってきた。
清水の勝利は間違いないかと。

故障者続出で不振に喘ぐ大分をホームに迎えるのは神戸。
神戸も調子はイマイチでここまで良い結果が出てませんが、
今節は、FWマルセウとMFアランバイーアの復帰が濃厚。
となれば、外国籍選手がようやく揃い、
得点力不足も解消されることが見込まれます。

メンバーが代わっても、相変わらず守備は堅い大分が相手なので、
引き分け予想としましたが、
神戸が零封勝利する可能性も十分あると思います。




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

382回 結果

toto 382回 結果

 mini toto-A組 的中数 3/5
 mini toto-B組 的中数 2/5

上位2クラブのC大阪、湘南は揃って勝利。
ゲーム内容以上に、スコアに差が出たようにも思えますが。
このまま、勝ち点を伸ばすには、
改善すべき点は少なからずありますね。
問題点が残っていることを考えると、
さらに強くなれると言うことですし。

横浜Cは、結果がでませんね。
今節は出だしこそ良かったんですが、
1-3と言うスコアからも、
この長いトンネルの出口はどこにあるんでしょうか。

FWカズが42歳にしてフル出場と、話題性こそありましたが、
はたしてこれでいいんでしょうか?
(超が付くほどの)ベテラン選手が頑張っている姿は、
非常に好感が持てますし、
可能な限り現役を続けて欲しい気持ちはあります。

しかし、クラブとして見たときに、
カズがスタメン出場する程層が薄いんでしょうか。
伸びしろもありませんし、次に繋がるものが見えてきません。

そんな今節は、東京VのMF菅原が見事世界記録を達成。
何かと思いきや、最短時間での退場記録。
開始5秒で相手を倒し、9秒でレッドカードが出されたらしい。
いや、どんなことでも1番は凄いことです。
前記録が、19年間破られることがなかったのを考えると、
今後暫くの間この記録は安泰でしょう。

さて、気持ちは次に切り替えてと、次です次。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

382回 予想

toto 382回 予想

mini toto-A組
 富山  水戸 2
 C大阪 岡山 1
 福岡  愛媛 1
 熊本  湘南 1
 横浜C 甲府 0

mini toto-B組
 横浜C 甲府 0
 栃木  徳島 2
 東京V 鳥栖 1
 岐阜  仙台 2
 草津  札幌 0

今季初となる、mini totoのみ予想です。
まず高額は見込めませんが、
お小遣いくらいにはなるはずです。
当たらないと意味はないですが。

まずは、2強の感が強くなってきたC大阪と湘南。
C大阪が対戦する岡山は、
ここまで未勝利ながら、敗戦数もわずかに2試合。
守備力がこのリーグで通用することはすでに証明済みです。
C大阪有利は間違いないところですが、
安定感を欠きドローとなるかも知れません。

同じ6勝で続く湘南は、熊本まで足を運んでの遠征。
昨季は2勝1敗と対戦成績も良く、唯一のアウェイ戦も勝利。
順当に行けば負けることはないと思いますが、
なんだか波乱が起こるような気配を感じます。
と言うことで熊本勝利に1票。

そして、今だ未勝利の横浜C。
現在最下位と言う順位ながら、
本来こんなところに居ていいクラブではありません。
しかし、その決定力不足は致命的ですし、
対する甲府は完成度も高く、堅守が持ち味の1つ。
よって、横浜Cの連続未勝利は続くとみます。

売上もきっと少ないmini totoなので、
予想も少なくこの辺で。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

381回 結果

toto 381回 結果

 toto 的中数 8/13

今年はルーキーの当たり年と言われているだけに、
出場しているルーキーががんばってますね。
特にFW登録されている選手達が、
ただ活躍するだけではなく、
しっかり得点を挙げ勝利に貢献。

新たな選手の台頭をうれしく思うとともに、
それによってベテラン選手が押し出される可能性を考えると、
少し寂しくもあります。

さて、今回の予想結果はまずまずと言ったところでしょうか。
ACL勢はやはりハンデとなったのか、4クラブ中3クラブが敗北。
首位が陥落し、昇格組が各勝利と、混戦模様必死です。

そんな中、鹿島がスルスルと首位に浮上。
FWが入れ替わり活躍することで、
シーズン終盤を見据えた良い戦い方をしつつも、
しっかり結果が伴っています。
興梠からレギュラーを奪いかねない勢いの
大迫のパフォーマンスにはただただ脱帽ですが、
連覇に向けて磐石の体制を築き上げそうな勢いですね。

しかし、名古屋は。。。
ここ数試合、攻撃陣がダンマリに等しく、消化不良が続いてます。
ダヴィの加入も空しく、得点力不足の時期がやってきたようです。
ベストメンバーを揃えての結果なので、今後の大ナタに期待します。
勝てる試合を落としているようでは、この先期待が持てませんから。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。