スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

392回 予想

toto 392回 予想

toto
 山形  千葉  1
 京都  F東京 0
 広島  大宮  0
 浦和  新潟  1
 横浜M 大分  1
 柏   清水  2
 熊本  鳥栖  0
 水戸  仙台  2
 愛媛  横浜C 1
 福岡  岐阜  0
 東京V 草津  1
 札幌  甲府  2
 岡山  湘南  2

今回の争点は、代表召集等により、主力選手の抜けた穴を
代わった選手が埋められるかどうかに尽きると思います。

中でも、最高となる4人が抜ける浦和は、
怪我や出場停止の欠場者も合わせると、
守備的な選手が揃っていなくなるかの様相。
戦術や連携等を考えると、守備に一抹の不安が残りますが、
対戦相手となる新潟も攻撃の核であるFW矢野が不在。
好調を維持するリーグ戦とは違い、
このナビスコ杯ではグループ最下位に沈む不調さもあり、
こちらも期待はあまりできない。
おまけに、対戦相性も非常に悪く、
浦和有利と見て間違いないでしょう。

リーグ戦で絶不調中、連敗から脱出できない大分は、
ディフェンディングチャンピオンとしての維持を見せ、
このリーグ戦中断期間になんとしても立て直したいところ。
対戦相手の主力選手が抜けることもあり、
勝利の味を思い出すのにこれ以上の良いタイミングはないはず。
とは言うものの、それでもまだ横浜Mに分があると思われるので、
ここは手堅くホーム勝利で。

Aグループ首位を走る大宮は、ここ3試合1勝2分けとまずまず。
何より、その間の失点が2と安定感が増してきたことが伺えます。
対戦相手となる広島とは、今期既に対戦し勝利を挙げていますし、
代表召集によりDF槙野が抜けた穴を突く事で、
控え目なその攻撃力も変貌を遂げるかも知れません。
しかし、広島が押し切る形も捨てきれないため引き分け狙いで勝負。

Bグループ首位の山形は、
再び堅守を取り戻してきたように感じます。
攻撃力は相変わらず的なものがありますが、
対する千葉も低調続きなので、ロースコア戦が予想されます。
4月の対戦の再現も考えられるので、1-0 山形勝利でどうでしょう。

明日国立で行われるJ2「東京V - 草津」戦は興味が高い対戦。
黄金期を知る選手は少ないですが、東京Vにとって国立は、
ホームも同然と言えるほど慣れたスタジアムのはず。
対する草津はと言うと、東京V戦を大の苦手としており、
東京Vが負ける要素はほとんど見当たりません。

そして今回は、対象試合の1試合が明日行われるため、
totoの購入締切も28日までになります。
「早期予想=情報不十分」とも言えますが、
今日の内に購入したい人もいるでしょうし、
早めの予想公開で、応援して下さる皆様に少しでも貢献です。
購入予定の方は、買い忘れないように^^

スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

391回 結果

toto 391回 結果

 toto 的中数 6/13

的中数以上に、自信のなくなるような結果で、
ここまで裏目ばかりが出るのもある意味珍しいです。

さて、鹿島はやはり勝負強い。
G大阪が運に見放された部分もありますが、
1得点でも堅実に勝てるその固い守備、安定度が違います。
13節を終え、1試合少ない状態で、2位浦和との勝ち点差は4。
唯一失点数が1桁と言うこともあり、得失点差もトップタイ。

中断期間を終えても大崩れはないでしょうから、
このまま行けば順当に3連覇を実現してしまいそうな気がします。

F東京、名古屋は、退場者を出したことが全てでしょう。
近年、10人になってもより守備が奮闘したり、
逆に少ないチャンスをモノにしたりと言ったことも有りがちですが、
この試合においては、それまでリードしていたF東京も、
膠着状態が続いていた名古屋も、
退場者を出した途端にたて続きに失点。
次節にも響きますし、救えない状態です。

そして、見事だったのがC大阪FW乾。
今節チーム全ゴールの4得点を挙げる活躍で、
15節にハットトリックを達成したMF香川と共に、
好調のクラブを牽引する存在です。
今季のC大阪は、より攻撃力と安定感が増し、
きっと首位昇格に向けて突き進んでくれることでしょう。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

391回 予想

toto 391回 予想

toto
 新潟  清水  1
 大分  広島  0
 山形  京都  0
 千葉  横浜M 2
 神戸  柏   2
 G大阪 鹿島  1
 F東京 川崎  1
 磐田  名古屋 0
 大宮  浦和  0
 仙台  横浜C 1
 湘南  富山  1
 甲府  徳島  1
 C大阪 福岡  1

約1ヵ月間の中断期間前最後のJ1戦。
どのクラブも良い形で締めくくりたいと考えているはずです。

最初に意識しておきたいのは、
週中にACL、またはナビスコ杯が行われたことにより、
新潟と柏はお休みとなり1週間のインターバルがあったこと。
そして、すでにACL1位通過が決まっていたG大阪と名古屋は、
若手中心で試合に臨めたことにより、
主力の温存と戦力の底上げが可能であったこと。

そして最も注目したい試合は、今期を占うであろうこの対戦、
2月に行われたゼロックススーパー杯以来の対戦「G大阪 - 鹿島」。
ゼロックスでは3-0と鹿島の完勝でしたが、
新加入選手の連携が向上し、戦術を深めたG大阪にとっては、
なんとしても雪辱を晴らしたい1戦でしょう。

出場選手では、お互いキープレーヤーの1人である、
鹿島MF小笠原、G大阪FWレアンドロが欠場なのは、前戦と同様。
大きく違う点としては、G大阪にはそれに引けをとらないであろう
FWチョ・チェジンが出場濃厚。
逆に、鹿島はFW興梠が大怪我ではなかったが、
出場できるかどうかは痛み次第。
さらに、水曜日に試合をこなしている鹿島主力選手にとっては、
コンディションの低下も考えられます。

しかし、そこは強者同士の対戦、接戦となる可能性も高いので、
引き分けを含めたG大阪よりと踏んでいます。

次に多摩川クラシコとなる「F東京 - 川崎」戦。
この対戦、昨季は2戦2勝とF東京に分があり、
FWカボレとMF石川の復帰も濃厚。
川崎はホームで行われた試合ながら、
ACLにおいて浦項スティーラースにまさかの完敗。
明らかに指揮は落ちていると考えます。
ここは、公式戦2連勝中のF東京の勝利と見て良いのではないかと。

東海ダービー埼玉ダービーとなる
「磐田 - 名古屋」「大宮 - 浦和」は、
いずれも少々お疲れ状態なのか、
攻撃に精彩が不足している感があります。。
大差になることはなく、ロースコアと予想します。

J2は、トップ4戦が対象試合となる今節、
ホームである上位クラブ有利とみてまず間違いないでしょう。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

390回 結果

toto 390回 結果

 toto 的中数 5/13

散々にやられました。
流石はナビスコカップです、恐るべし・・・。
J1勢のナビスコ戦をとってみれば、鉄板予想と思った2試合、
そしてダブル買いしていた2試合を、共に外してしまいました。
次に繋がらないような厳しい結果です、これは。

試合ついてですが、
まず神戸、DFリーダー宮本が負傷したにも関わらず完封勝利。
しかもアウェイでの勝利は久々、いったいいつ以来でしょうか。
これで極度の内弁慶も治るといいんですが。

横浜Mは今戦も4バックを貫いての快勝。
FW渡辺も前ホーム戦の不発分を補うかのような2得点の活躍。
世間を賑わせているセルティックの中村獲得報道も、
大きな障害なく実現しそうな様ですし、
これから迎える夏場シーズンさながらに、
リーグ終盤に向けて台風の目となれるかどうか注目です。

そして大分は、守護神GK西川をはずしてきました。
これは温存策でしょうか、それとも。
対戦相手浦和が主力不在だったことに加えて、
失点こそありましたが、展開自体悪くはなく、
ビッグネーム相手に連敗を止めたことは、
確かな自信になると思います。

さあ、いつまでも落ちこんでいても仕方ないですし、
次のtotoまで時間がありません。
次がんばりましょー。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

390回 予想

toto 390回 予想

toto
 千葉  F東京 1
 清水  山形  0
 京都  神戸  1
 横浜M 広島  2
 大分  浦和  0
 大宮  磐田  2
 富山  鳥栖  1
 徳島  湘南  0
 愛媛  仙台  2
 熊本  C大阪 2
 水戸  札幌  0
 東京V 岡山  1
 福岡  甲府  0

なんとも、非常に予想の難しい回ですね。
個人的には、鉄板と思える試合がわずか3試合しかありませんでした。
と言うことで、どうせ分からない結果ならばと、
自論に基づき、意外と奇抜と思える予想を盛り込んでみました^^

さて、3連敗で迎える山形は、
完全に一時の勢いがなくなってしまいました。
しかし、その戦術は間違いなく成熟の域に達していますし、
何より現在負傷者がいないと言う点が大きなプラス材料。
対する清水は、ここにきて負傷者頻発。
出場が微妙な選手も多く、最高のパフォーマンスは期待できない。
お互い守備的な戦術で臨んでくるだろうことも考慮し、
初対決となるこの対戦は、ロースコアドローになると思われる。

9連敗で臨む大分は、このカップ戦を利用して強者を完封し、
是が非でも浮上のきっかけを掴みたいところ。
相変わらず台所事情は火の車状態で、結果が伴わない今、
監督にとってスタメンを決めるのは相当頭が痛いことでしょう。
しかし対戦相手の浦和は、MFポンテの離脱に続き、
精神的支柱のDF闘莉王の出場が危ぶまれている様子。
とくれば、自軍ペースにさえ持ち込むことができれば、
勝機は十分にありえます。
まずは守備の再生、これに尽きますが。

続いてJ2。
「富山 - 鳥栖」はお互いに前節を勝利で迎えた1戦。
不安定ながら、マルチ得点の可能性を秘める富山に対し、
鳥栖は少々得点力が足りない感が未だ拭えません。
しかし攻守を考えると、安定感のある鳥栖に軍配が上がります。
が、ここで注目したいのは、システム的な相性。
調子の良いときの富山であれば、
鳥栖はその攻撃を止めることはできないと踏んでいます。
おまけに鳥栖はDF高地、MF武岡を出場停止で欠く1戦、
ますます富山の勝利に期待したいところです。

やっと調子が上向きになり今季最高順位の5位に位置する札幌は、
連敗中ながら現在6位と躍進を遂げた水戸との一戦。
この対戦はやや札幌よりかと思われるが、
どちらに転ぶか分からないと言うのが本音。
一進一退の攻防になる可能性が高いと考えてドローとしてみる。

他に湘南、仙台、甲府は、格下との対戦となりますが、
すんなり勝てるかどうかは怪しいところ。
ここは、1勝2分けと予想します。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

389回 結果

toto 389回 結果

 toto 的中数 8/13

F東京の勝利、仙台の引き分けは誤算でした。
まさか、ホームで横浜Mが不発に終わるとは。
まさか、連勝中の仙台が勝ちきれないとは。

前者においては、俊輔システムとなる4バックへの移行が、
裏目に出てしまったんでしょうか。
単に決定力不足と言うだけであればいいんですが。
次節以降、どうするのか木村監督の采配に注目です。

千葉は京都との相性が良く、行けると思ってたんですが、
京都FWパウリーニョのスピードにしてやられましたね。
活かすポイントは違いますが、
高速カウンタ-を得意とする千葉が、
スピードでやられると言う図はなんとも皮肉なものです。
エースのFW巻が連続得点を挙げたことが、
次に繋がる点かなとは思います。

さて、J2に比べて、J1の得点ランク上位者は、
外国人選手が占めています。
例年のことではありますが、なんとも少し寂しい気もしますね。

そして、今後のスケジュールも気になります。
日本でも新型インフルが流行し始めたことで、
対象試合が無効になる可能性が出てきました。
とすると、感染地域で開催される試合は要注意ですね。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

389回 予想

toto 389回 予想

toto
 名古屋 大宮  1
 浦和  G大阪 0
 広島  山形  1
 横浜M F東京 1
 清水  大分  1
 川崎  磐田  1
 柏   鹿島  2
 新潟  神戸  1
 京都  千葉  2
 鳥栖  横浜C 1
 仙台  徳島  1
 札幌  岐阜  1
 岡山  愛媛  0

ここに来て、いくつかのクラブは、
野戦病院と化してきているように感じます。
最下位に低迷している大分は、
次々主力が負傷し、復帰とともに再び離脱する始末。
それに伴うように結果が出ず、
手遅れになってしまいそうなところまで来ています。

同じように、17位に沈む柏も似たような状況。
遂には入れ替わり出場していた外国人トリオが、
揃って離脱かと言う危機に直面しています。

初昇格後旋風を巻き起こしていた山形も、
主力の負傷が影響してか順位を落としました。
前節DFラインが揃って負傷し、
出場停止者も重なる川崎辺りも少し心配なところですね。

さて、今節1番のビックゲームは、
やはり「浦和 - G大阪」ではないでしょうか。
昨今のJリーグを先頭に立って引っ張ってきた強豪同士。
ホームの利を得る浦和は、前節川崎に痛恨の逆転負け。
攻守に綻びを露呈したりと最良とは言えない状況です。
対するG大阪は、リーグ戦3試合連続で看板FW陣が得点を挙げ、
事浦和戦においては、司令塔遠藤も好相性。
おまけに昨季の対戦成績も2戦2勝と、
G大阪に期待せずにはいられません。

と思っていた矢先、
肝心のMFルーカスとFWレアンドロが揃って胃腸炎に。
食事も満足にとれないようで、
仮に出場できてもいつものプレーは期待できません。
そんな事情を考慮し、引き分けでどうでしょうか。

攻撃力対決となるであろう「川崎 - 磐田」は、難しい予想の1つかと。
負傷により守備の要DF寺田を、そして出場停止でDF横山を欠くが、
代わりにDF伊藤がギプスしながらの復帰が可能な様子。
攻撃陣ではMFヴィトールジュニオールの出場停止により、
攻撃力の低下が懸念されますが、
FWレナチーニョがその穴を十分に埋めてくれることが予想されます。
totoのトリプル予想は基本的にしたくないので、
となれば、ホーム戦と言うこともあり川崎有利で考えたい。

あれこれ考えながらも、
結局のところはほとんどが無難な上位予想になってしまいました。
唯一逆らっているのが千葉の勝利かと。
4連敗後、1勝1分けと立て直してきた感のある京都ですが、
今節の対戦相手千葉とは直近4試合で全敗と相性が悪い。
おまけに、千葉は前節ホームで初勝利を挙げ、
士気の高い状態で西京極に乗り込んでくることが予想されます。
対戦相手に合わせた戦術をとる京都が、
千葉のカウンターをどういなすのかがポイントになりますが、
ここは勢いが勝ると見て千葉の勝利。

偶には順当予想も必要ですよ。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

388回 結果

toto 388回 結果

 toto 的中数 6/13

今回は、予想の範囲を超えた試合がいくつか見られました。
これらを除くと、他が全部的中しても3等にすら届かないことに。
どんなにデータを収集しても、どんなに戦力を分析しても、
決して当たらない回と言うものは必ずあるものです。

そんな試合とは、まず千葉の勝利。
攻撃的な広島が地力で押し込むと踏んだのですが、
うまくシステム的にハマったんでしょうか。
連戦の疲れも伴い、
カウンターが有利になった図式の1例かも知れません。
素直にホームで初勝利を挙げた千葉を称えましょう。

次に川崎の勝利。
データ上、アウェイの浦和戦は比較的好相性。
おまけに、浦和の司令塔ポンテの欠場を
すっかり見逃していた不覚もありますが、
それでも直前のACLアウェイ戦で、
低調な試合をしていた川崎の勝利はないと決め付けていました。
アウェイ戦でも同様の攻撃色が安定して出せる様になると、
今後首位鹿島を捕える日も近いかも知れません。
まずは、次の好調磐田戦を攻め勝つことが必須ですね。

そしてJ2岐阜が久々勝利とは。
4試合無得点と全く点が入る気配のなかった岐阜の4得点を、
いったい誰が予想したでしょうか。
引き分けこそあれ勝利するとは、全くの想定外でした。
その岐阜は、次節札幌戦もtoto対象試合。
戦力的に有利とは言えませんが、
また一泡噴かせてくれるかも知れません。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

388回 予想

toto 388回 予想

toto
 F東京 京都  0
 磐田  大宮  1
 大分  横浜M 0
 千葉  広島  2
 山形  新潟  0
 浦和  川崎  1
 鹿島  清水  1
 G大阪 柏   1
 神戸  名古屋 2
 愛媛  東京V 0
 水戸  湘南  2
 草津  C大阪 2
 岐阜  岡山  2

GW連戦最終戦となる今節、
ACLをアウェイで戦った川崎、G大阪は、
臨時の休養が与えられる程のお疲れ状態。

とは言っても、残る全クラブも国内ではありますが、
同時期に試合をこなしているので、
パフォーマンスの低下は避けられるものではなく、
状況はほぼ変わらないはず。
勝敗を左右するのは、個々の技術や戦術と言うより、
相手の隙を突く強かさや、メンタル面の維持が重要と思います。

名古屋のダヴィや新潟のペドロジュニオールなど、
単独でも得点を挙げてしまうようなタイプの調子云々では、
必ずしもこの限りではないですが・・・。

さて、今回の予想は比較的無難なものになってしまいました。
疲れによる低調なプレーが終始行われるようだと、
引き分けが増えるかもしれませんが、
引き分けを多く入れる勇気はありませんでした。

そんな中注目したい対戦は、まず「大分 - 横浜M」。
泥沼中の大分は、これに負けるようだと
フロントからの大ナタが振り下ろされる可能性があります。
依然主力数人を欠いたままですが、
残った選手も死に物狂いで試合に臨むことでしょう。
対する横浜Mは、今期アウェイでは結果が伴っていません。
得点を重ね注目されているFW渡辺も、
アウェイでの良い印象はあまりありませんし。
横浜Mにとっては長距離移動となるハンデもあり、
となれば大分が勝利する可能性も十分にあり得るのかと。

続いては「G大阪 - 柏」。
順当に行けばG大阪の勝利は間違いないところでしょう。
しかし気になる点は、ACL戦直後のリーグ戦は3連敗していること。
とは言っても、その3連敗は全てアウェイなので、
ホームで行われる今節は問題ないと思われます。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

387回 結果

toto 387回 結果

 toto 的中数 8/13

今節は終了間際の得点が目立ちました。
ぎりぎりで引き分けに持ち込んだ、磐田、清水、
そして勝ち点3を捥ぎ取った浦和。
それぞれ非常に貴重な得点で、
良い形で次戦を迎えることができるでしょう。

しかし、そんな清水は4戦連続の引き分け。
勝ち星からも6試合遠ざかっています。
後半2点ビハインドを追いついたことは評価すべきですが、
思うように勝ち点を積み上げられない状況は、
シーズン後半に少なからず影響しそうです。

調子が悪いと言えば、連敗対決にも敗れ、
泥沼の7連敗を喫した大分。
主力に怪我人が続出していることが大きな原因とは言え、
このままズルズル行けば、来年はJ2なんてこともありえるので、
一刻も早く対処を施さないといけないところでしょう。
低資金クラブを強豪と言わせるまでに導いたシャムスカ監督が、
解任なんてことにならなければいいんですが。

また、裏で開催されているACLでは、
見事日本勢4クラブが予選リーグを通過しました。
今後は、次戦が有利となる1位通過を目指した戦い、
あるいは主力を温存した戦いが予想されます。

既に1位通過を確定させている、名古屋、G大阪、
そして得失点差的にほぼ確定している鹿島は、
Jリーグとの日程調整をする上で、
かなり楽になったことは言うまでもありません。
更には、若手選手の育成の場にすることも可能ですので、
有効な試合にして欲しいところです。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。