スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

431回 予想

toto 431回 予想

toto
 鹿島  G大阪 1
 名古屋 山形  1
 京都  浦和  2
 大宮  柏   2
 F東京 神戸  1
 川崎  新潟  1
 磐田  広島  1
 横浜M 清水  1
 千葉  大分  0
 徳島  仙台  2
 C大阪 岐阜  1
 岡山  甲府  2
 福岡  水戸  1

J1、J2共に残り2試合、
遂に優勝が決まるかも知れない週末がやってきました。
鹿島による前人未到の3連覇か、未冠の強豪川崎の初タイトルか、
それともG大阪による史上最大勝ち点差19からの大逆転優勝か。
なんてことを言いつつも、
きっと勝負は最終節にもつれ込むと予想します。
楽しみは最後までとっておきましょう。

さて、注目の一戦「鹿島 - G大阪」は、
好調同士の名勝負となるかと思いきや、
ここにきてG大阪の台所事情が大変な事になってきました。

センターバックの中沢、山口の負傷に続き、
加地までもが右足首を捻挫。
いずれも強行出場が可能なようですが、
ベストパフォーマンスは期待できないでしょう。
最悪の事態を考えれば、試合途中に症状を悪化させ、
交代枠を1人使ってしまうなんてことにもなりかねません。
おまけに、DF下平の怪我も完治しておらず、
MFながらDFもこなしていた橋本も負傷中。
ほぼベストの布陣で臨んでくるであろう鹿島に対して、
攻撃陣の爆発なくして、G大阪の勝利は難しいかも知れません。

おそらく観ることは叶いませんが、
この試合は、NHKにてTV放送されますね。
今では少なくなってしまったTV放送(有料放送は別)、
楽しみにしている方も多いんではないでしょうか。

そしてもう1試合、
同じ時間に開催される「川崎 - 新潟」戦も見逃せない。
川崎は高いモチベーションで臨んでくることが予想されますが、
そんな川崎にも悪魔の触手が・・・。
この大事な時期に、DF薗田、MF養父がインフルエンザに感染。
前節ベンチ入りもしていない2人のため、
試合への影響はまずないと考えますが、
今後主力選手に感染、発症なんてこともなくはありませんね。

新潟は、ACL出場枠の3位以内が断たれたとは言え、
繰り上げ対象の4位はまだ狙える位置。
躍進を遂げた今季と言うこともあり、
緊張の糸はまだまだ切れてはいないはず。
勝ったり負けたりと安定しない戦いを続けていますが、
マルチ失点しない堅守は健在で、
脅威の攻撃力を誇る川崎とは言え、
攻略は容易いものではないはずです。
それでも、ホーム戦と言うこともあり、
気持ちで勝る川崎の勝利予想は外せません。

シーズンが終わると、またtoto予想が出来ずに寂しくなるもの。
今のうちに思う存分購入しておくのが吉ですよ^^

スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

430回 結果

toto 430回 結果

 toto 的中数 7/13

今節は非常に楽しめた面白いtotoでした。
読み通りだった試合と、それを裏切られた試合とがありましたが・・・。

さて、J1は川崎が予想通りこけてくれたこともあり、
三つ巴の争いが激化状態です。
そして調子を取り戻した鹿島が、再び本命視され始めてますが、
次節はその鹿島と同じく好調のG大阪が直接対決の天王山。
川崎の結果次第では、次節にも鹿島の3連覇が決まりますね。

その川崎は、こちらも新潟との上位対決となりますが、
ホームで負けるとは考えにくいので、
おそらくは最終節までもつれ込むと考えます。
混沌としたJリーグにおいては、
最終節まで目を離すことはできませんよね。

下位に目を向け、後のない柏はここにきて連勝しており、
次は蹴落とす相手一番候補の大宮との直接対決が控えています。
その柏を含め、千葉、大分の降格組がそれぞれ勝利するなど、
なぜ今なのかと思うとともに、もう少し早く結果を出せていれば、
降格せずに済んだのにとも思ってしまう次第です。

現在多忙につき、十分な結果分析が出来ていませんが、
次も楽しめるよう頑張ります。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

430回 予想

toto 430回 予想

toto
 山形  大宮  0
 浦和  磐田  1
 新潟  柏   1
 清水  G大阪 2
 京都  鹿島  2
 神戸  横浜M 0
 広島  名古屋 2
 千葉  F東京 2
 大分  川崎  1
 仙台  C大阪 0
 東京V 熊本  0
 甲府  湘南  0
 横浜C 栃木  1

リーグ戦も残すところあと3試合、
一戦一戦から目が離せない状況ですが、
ここから週末開催の3連戦で、全てが決定します。
対戦相手的には、首位を行く川崎がやや有利かも知れませんね。

そんな川崎は、最下位大分との対戦。
圧倒的川崎有利の下馬評ながらここは勝負を賭けたい。
大分は降格が決定し、経営難からクラブ存続の危機にまで
発展しそうな状況ですが、事調子に関しては上向き。
しかも川崎との九州石油ドームでの対戦では、
負けなしと相性も抜群。
川崎は攻守の核であるMF中村が万全ではなく、
優勝に向けての気持ちだけが空回りする可能性もあり得る。
混戦必至となる昨今のJリーグの展開を考えれば、
ここは首位川崎が躓くべき一節になってもおかしくはない。

さて、今節注目の上位争いは、3位G大阪と4位清水の対戦。
過去の対戦成績はほぼ互角と言った感じながら、
ここ最近の対戦では清水に分がある。
しかし、今のクラブ状況は異なり、清水はリーグ戦3連敗中。
向いている方向が上下違うため、ここはG大阪を押しておきたい。
両者主力に負傷者を多く抱え、出場選手がはっきりしないため、
戦力がはっきりしなく案外引き分けなんてことも考えられますが、
引き分けになり難い対戦であることからここは1本で良いかと。

そして今節は、J2でも好対戦が組まれてますね。
共に昇格を決め、残るは優勝争いとなる「仙台 - C大阪」戦。
残り3試合で勝ち点差2と言う状況において、
優勝するためにこの直接対決は絶対に落とせない一戦。
逆に言えばこれを制した方が優勝すると言っても過言ではない。
しかも、両者高得点、無失点の試合を続けており、調子は万全。
まさにどちらが強いのかを争う好ゲームが期待されます。
正直予想をするには甲乙つけ難く、
ここは引き分けがすっきり当てはまるんではないかと考えます。

そしてもう一戦、3位の残るJ1昇格枠を争う「甲府 - 湘南」戦。
両者にとっては、今季最も重要な一戦を前にして、
ほぼフル出場を果たしていた甲府DFダニエルとDF山本が出場停止。
これにより守備力の低下は否めないところ。
前述の2クラブに比べてこちらは少し安定感を欠く対戦で、
やはり予想は難しいところだが、
湘南の攻撃と甲府の守備を見たときに、
攻撃相性が良いようにも思えるので、湘南を有利と見ておきたい。
優勝争い同様に、この一戦も勝った方が昇格、行けますね^^

さあ、30億円超もの配当金に達しているtotoBIGは、
当たれば6億円が間違いないところですし、
億万長者になる日も近いかも知れません。
近所の神社に必勝祈願でも行きましょうか^^



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

429回 結果

toto 429回 結果

 mini toto-A組 的中数 4/5

グラの勝利を信じられなかったとは・・・。
とは言え、ちゃっかり購入はしとります^^

さて、J2勢2クラブが見事J1クラブを破り、共に初の8強入り。
ナビスコ杯覇者F東京を終始圧倒した仙台、
そして、メンタル面に不安を残していた千葉を相手に、
作戦勝ちとも言える内容で打ち破った岐阜。
来季、同じリーグで対戦するであろうライバルとの前哨戦を制し、
次も期待をさせてくれそうな戦いぶりです。

下部リーグからの下剋上が起きている一方、
J1トップ5が残るなど、無難な結果になっているのも事実。
そんな楽しみな5回戦は、リーグ戦終了後となるため、
次からが本当の意味での真剣勝負を期待できるかも知れません。

Jを代表する強豪対決となる鹿島vsG大阪、
連続金星なるか、仙台の挑戦が続く川崎vs仙台、
昨年の天皇杯に続く名岐ダービー名古屋vs岐阜、
そしてオレンジ対決となる新潟vs清水。

片側のグループに強豪が犇めいているようにも見えますが、
忙しくなるこれからの時期、そして元日決勝まで、
まだまだ今季も楽しませてくれそうです。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

429回 予想

toto 429回 予想

mini toto-A組
 鳥栖  G大阪 2
 清水  甲府  1
 鹿島  神戸  1
 岐阜  千葉  1
 名古屋 磐田  2

今回は、天皇杯ならではの初顔合わせがあり、
クラブによって日本代表勢が抜ける影響もあって、
予想に窮するカードとなっているように思います。

さて、勢いを取り戻した鹿島、
そして遂に上位に食い込んできたG大阪は、
主力が抜けてもそのパフォーマンスの低下は少ないと考えます。
鹿島はDF陣がごっそりいなくなっちゃいますが、
それでもここは固定でいけるかと。

次にカテゴリが違えど、ともに上位争いを繰り広げている、
「清水 - 甲府」の一戦。
総合力を考えれば、間違いなく清水有利だが、
いかんせん今の清水は低調気味。
ムードメーカーのFW岡崎が不在なのも響き、
すんなり白星とは言い難い。
しかし、過去の対戦相性はこれ以上ないくらいに良く、
引き分けを考慮しつつ清水勝利と見ておきたいところです。

降格が決定した千葉は、
そのモチベーションの維持が一番の不安材料。
対する岐阜の攻撃力が向上している点も見逃せなく、
初顔合わせとなるこの対戦は、岐阜の勝利に賭けてみたい。
辛い状況の千葉には悪いですが、今は落ちるとこまで落ちて下さい。

主力が揃って離脱中の名古屋は、
磐田戦の相性が悪く、苦手意識が少なからずあると思われる。
前対戦では、3-3 の引き分けながら、
エースFW前田にハットトリックを決められるなど、苦い記憶が新しい。
今回もその前田は日本代表に召集されておらず健在で、
間違いなく好調を維持して脅威を与える存在となるはずです。
FW中山の退団決定に伴う磐田選手の奮起具合も、
見逃せないポイントで、
ここは磐田がこの東海ダービーを制すると見ます。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

428回 結果

toto 428回 結果

 的中数 4/13

いや、参りました。
今季はとことんツイてないと言うか、
全くと言っていいほど当たる気配がしません。
もしもtotoを買い始めたのが今季からだったなら、
きっと今後の購入は控えていることでしょう。

さて、数多くの奇跡を起こしてきた名門千葉が遂に降格決定です。
歴代の名だたる多くの選手にとってもゆかりのあるクラブだけに、
この結果を嘆いている人は相当数に上るのではないでしょうか。
ですが、決まってしまったものは仕方がないので、
1年後再びJ1の舞台に戻ってくることを期待したいところです。

しかし、現段階では江尻監督を続投させる方針をとっているようで、リーグ戦未勝利と結果の出なかったこともあり、
それを良く思わない人も少なくないことでしょう。
主力選手の多くも残留を明言できないでいる状態ですし、
フロントが頼りないのは比較的どこも同じですが、
こんなときこそ今後のビジョンをしっかり明示してもらいたい。

代わってJ2C大阪と仙台が昇格を決定させました。
C大阪にとっては終始首位を争う展開で、
これは当然の結果と言ったところでしょうか。
オフに向けMF香川の移籍問題が、
一際関心を引いているようですが・・・。

そして仙台は、ようやくと言った感じですね。
2003年シーズンにJ2落ちが決まり6年、長かったですね。
かつてJ1で戦っていたときの記憶も薄れて、
どっぷりJ2に浸かってしまった感がありましたが、
Jリーグでも有数の観客動員数を誇る仙台ですので、
更なる戦力の充実を図り、まずはJ1定着を期待したい。

さあ、次は週末の天皇杯を挟んで、リーグ戦は2週間の中断期間。
最近のtoto予想はブレブレな気がするので、
少し自分を見つめなおし形ある結果に繋げたい。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

428回 予想

toto 428回 予想

toto
 鹿島  山形  1
 F東京 浦和  1
 磐田  新潟  1
 大宮  広島  1
 G大阪 京都  1
 柏   清水  2
 横浜M 大分  1
 札幌  富山  1
 C大阪 草津  1
 徳島  鳥栖  1
 水戸  仙台  2
 湘南  東京V 1
 福岡  甲府  2

ナビスコ杯に敗れた川崎、思いがけないところでニュースの中心に。
下馬評では川崎に分があったにもかかわらずの敗北で、
その気持ちは分からなくもないですが・・・。

その表彰式事件により、
モチベーション等今後の試合への影響が少し気になりますが、
リーグ戦では現在優勝最有力に位置してるのも事実。
鹿島も調子を上げ始め、一騎討ちの様相にもなりそうですが、
このまま崩れるような弱いメンタルではないと思いたい。
関塚監督にとってもショックは隠せないところでしょうが、
こういったときこそ手腕の見せ所です。

さて3年契約の初年にして、木村浩吉監督の解任を決めた横浜Mは、
遂にその後任にミスターマリノス木村和司氏が。
11人制サッカーの監督は初で、
その采配は未知数なところが多々ありますが、
そのカリスマ性は非常に高く、
サポーターにとっては嬉しい人選ではないでしょうか。
解説等で一歩離れた位置から、
常に現場に触れていたその知的采配に期待しましょう。

今節その横浜Mは、既に降格の決定した大分との対戦です。
監督の解任が決定したとは言え、
なんだかフロントの責任を被されたような気がしますし、
そんな監督のため選手が、
これまで以上に奮起する姿が想像できます。
気持ちで勝る横浜Mが負ける要素は少ないでしょう。

降格の2文字がちらつく一戦となる柏は、強敵清水をホームに迎える。
ナイターであるこの試合が始まる時には、
15位大宮の試合は終了しているため、
試合結果如何ではこのホームスタジアムで
試合終了と同時に降格決定となる可能性も有り得ます。

そんな重要な一戦を前に、
チーム状況はあまり良いとは言えず現在3連敗中。
しかし、清水も先日リーグ首位に立ったと同時に下降線を辿っており、
付け入る隙は十分にありそう。
しかし、点が入らないことには勝ちは無いわけで、
今の柏に得点力を期待するのは難しく、
良いとこ引き分けが限度かと思われます。

J1昇格が現実味を帯びてきたC大阪、仙台は、無難に勝ち切りそう。
エースFW都倉不在の草津は脅威さが劣りますし、
前節富山に競り勝つも、それまで8連敗と低調さを引きずる水戸も、
連勝するだけのクラブ状況にあるとは思えません。

最後に、約30億円ものキャリーオーバーが発生している今、
totoBIGの6億円を狙わない手はありませんね。
さあ、夢を買いに行きましょう^^



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

427回 結果

toto 427回 結果

 mini toto-A組 的中数 3/5

当たりませんな。
まさか広島が鳥栖に食われるとは思いませんでした。

悲願の昇格こそ成し得ませんでしたが、
しっかりと戦えるクラブにまで成長させた
岸田監督の退任が数日前に決まったと言うこともあり、
選手一丸強い結束力で、お世話になった監督を
少しでも良い形で送り出そうと言う気持ちがあったことでしょう。

しかし、今季の鳥栖の補強はピタリとハマった感がありますね。
今試合の先発メンバーを見ても、11人中8人が今季加入選手。
そして、その選手がうまく連携して結果を出した良い試合でした。
来季監督は代わりますが、選手が出ていかない限り、
しっかりとした土台は出来ているので、
更なる高みを目指してがんばってほしいところですね。

これでJ以外のクラブは明治大学だけになりました。
湘南、山形とプロを相手に続けての完封勝利は立派ですし、
大学サッカーがJリーグでも通用することの証明にもなります。
大卒選手が即戦力で活躍している昨今、
大学サッカーのレベルも相当上がってきているのかも知れませんね。
もしも、その逆だとしたら困ったものですが・・・。

さて、試合のなかったF東京と川崎は、
明日(3日)にタイトル戦を控え、今は天皇杯どころではないはず。
リーグ戦でも首位に立ち、目下絶好調の川崎は
待望の初タイトルが手に届くところに。
対するF東京も2004年以来2度目の同タイトルへの挑戦と、
比較的フレッシュな対戦ですね。
少なくとも攻撃的な両クラブの対戦ですので、
見応えのある面白いゲームが期待できることでしょう。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。