スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

473回 予想

toto 473回 予想

totoGOAL2
 磐田 1
 川崎 2
 広島 1
 清水 1

ナビスコ杯が対象のこの2試合、
高額になることはまずありませんが、とりあえず行ってみましょう^^

まずは「磐田 - 川崎」。
今季の直接対決では勝利している磐田、
対戦相性、直近成績も良く、一見有利にも見てとれる。
しかし、最近対戦してきた相手に注目しておきたい。
公式戦5戦4勝1分の高成績ながら、相手は格下続き。
サポからしてみれば、
勝ってくれなきゃ困る、とでも聞こえてきそうなこの連勝は、
あまりアテにならず楽観視はできないはず。
それでも、FW前田は好調で、得点数が落ちてきてる中でも、
少数得点は期待ができる。

対する川崎は、波のある試合が続いているが、
そのスタイルを貫き攻撃的に臨んでくると思われる。
FW陣のメンツが入れ替わったにもかかわらずその攻撃力に陰りはなく、
3試合フル出場中だった、
DF古賀が欠場となる磐田DFに綻びが見えるようなら、
一気に畳み込むような展開も考えられる。
以上より、試合結果よりも内容を重視して、川崎有利の一戦と見る。

「広島 - 清水」は、清水が先の大敗を払拭できるかがポイント。
首位との大一番に敗れた結果だけでなく、
優勝争いからも脱落した一番だっただけに
モチベーションの維持が難しいところ。
しかしながら、時間はないものの、杯戦に切り替わったことは幸いで、
気持ちを入れ替えるには好都合とも考えられる。
ただし、戦力を考えると、調子の出ない布陣に加え、
攻守の重要選手が欠場となるため、
余程のことが無い限り、ズルズルと行ってしまうのではと考えます。

迎え撃つ広島は、効果的な攻撃を見せるものの、
なかなか得点に繋がらない、正直良くも悪くもと言った状態。
そんな状況下により、直近の試合はずっと引き分けが続き消化不良気味。
尚且つ、両者の今季の直接対決も同様にドロー。
本来、巧みな試合運びを見せる両者であり、
大きな変化も見られないと考え、堅実路線の引き分けが有力と見る。

スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

472回 結果

toto 472回 結果

 toto 的中数 5/13

toto予想をメインとするブログにしてこのはずし方、
存続危機とも言えるくらいとにかくやばいの一言です。
・・・とは言うものの、
都合の悪いものは目を瞑ると言うポジティブ精神で意識は次へ^^

F東京は、ショック療法も空しく効果が現れませんでしたね。
良い時間帯が有りながらも点が獲れない、
そして終盤運動量が低下し万事休す、と言う悪いパターンです。
残り試合も少なくなってきた今、負けを続けることは
より降格のプレッシャーが圧し掛かってくる状況を作り出し、
本来理想とするべき将来性あるプレーとは対照的な、
結果だけを求める小さなプレーに終始することにもなりかねません。
私を含め、F東京は優勝候補として挙げられていたであろうだけに、
いったい誰がこの展開を予想していたのでしょうか。

誤算と言えば、名古屋の大勝も予想外でした。
清水FW藤本の負傷退場や数的有利も相まっての結果ではありますが、
久々にキレキレのFW玉田を見た様な気がします。
玉田がノッテいるときは、総じてクラブも調子付くもの。
このまま首位独走に期待が持てそうです。

「川崎 - G大阪」戦は、一進一退の攻防の末の決着。
どちらもらしさを出した好ゲームで、
どちらに転んでもおかしくなかったように思います。

「横浜M - 仙台」の司令塔対決は、
若さで勝る仙台に軍配が上がったようで。
ダービーを制した勢いもありますが、
何と言っても最近のMF梁の活躍には目を見張るものがあります。
もしくは無敗を続けていた横浜Mが、ここらで息切れでしょうか。

柏を相手に久々の黒星を喫した福岡、DF丹羽出場停止でしたね。
これ、完全に見落としでした。
(情報収集したサイトに載ってなかったような・・・)
ここまで全試合フル出場により、
安定したDFラインの一端を担っていたことは言うまでもなく、
不在によるその綻びが敗戦に繋がってしまったと言っても過言ではない。
情報収集に限らず、予想も最新ニュースもですが、
特定サイトに頼り過ぎと言うのも考えものですね、教訓です。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

472回 予想

toto 472回 予想

toto
 F東京 大宮  1
 清水  名古屋 0
 神戸  C大阪 2
 山形  湘南  1
 浦和  新潟  1
 広島  鹿島  2
 京都  磐田  2
 川崎  G大阪 1
 千葉  栃木  1
 福岡  柏   0
 横浜M 仙台  1
 札幌  岐阜  0
 草津  鳥栖  2

J2にとっては中2日と言う過密日程ながら、
日曜日は天気も良いようで、波乱は少ないと考えます。
J1においても、気温が涼しくなってきたこともあり、
戦力が如実に表れてくるケースが増えてくるのではと予想します。

さて、監督が代わり初戦となるF東京はどう言ったスタートを切るのか。
リーグ戦9試合白星から遠ざかり、
遂には降格争いの中に居る現状を考えれば、
如何に功績ある監督と言えど交代は致し方ないところ。
かつてクラブをJ1に押し上げるまでに成長させた大熊新監督の元、
高いモチベーションを有して立て直しに期待がかかるところです。
F東京は本来、下位に沈むような戦力ではなく、
抜群の相性を誇るホームでの大宮戦は、
下降から湾曲線を描くのに相応しい一戦になるような気がしています。

首位名古屋は、堅守ぶりが目に付きながらも、
押されるケースや、得点力不足が気になるところです。
事戦力的に有利な対戦においては、
その個人技で1点くらいはなんとでもなるものですが、
清水のように攻守に洗練されたクラブが相手となれば、
零封されてもおかしくはなく、安易に勝てるとは思えませんね。
好調を維持するGK同士のセービング対決なんてのも、
この東海ダービーの見どころの一つではないでしょうか。

阪神ダービー「神戸 - C大阪」戦も一筋縄ではいかないかも。
得点力回復に試行錯誤する神戸が不利なのは間違いないのですが、
C大阪も最近は歯車が狂い始めている様に感じます。
FWアドリアーノ不在と言うのは、今季の直接対決でも同様で、
あまり影響はないように考えますが、
続くアウェイ戦とは言え、
ダービー2連敗は是が非でも避けたいところでしょうね。
クルピ監督のカミナリが落ちないことを祈ります。

今節は、他の試合も悩ましい対戦がズラリ。
同じだけの戦力分析、勝敗予想を行うにしても、
均衡した試合程結論を出すまでに時間がかかり、正直大変です。
しかし、裏を返せばその過程こそがtotoの楽しみの一つなんでしょうね^^



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

471回 結果

toto 471回 結果

 mini toto-A組 的中数 3/5
 mini toto-B組 的中数 3/5

相変わらず予想は奮いませんが、
比較的戦力差がそのまま結果に
表れてきたのではないでしょうか。

いよいよ残暑も終わり、一気に秋模様となった日本列島。
エコ戦術も必ずしも有効ではなくなり、
今までとは一風変わった
本来の実力が試されるステージが来たと言うべきでしょう。

J1同様、J2も昇格争いから目が離せなくなってくるでしょうし、
決して軽視することなく、
J2で的中数を稼ぐくらいまで持って行きたいところです。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

471回 予想

toto 471回 予想

mini toto-A組
 栃木  愛媛  2
 熊本  横浜C 0
 富山  甲府  2
 北九州 草津  2
 岐阜  大分  1

mini toto-B組
 岐阜  大分  1
 鳥栖  福岡  2
 水戸  岡山  1
 柏   札幌  1
 徳島  東京V 1

出場停止者の影響が大きい「熊本 - 横浜C」戦は、
横浜C MFホベルトの欠場が一番のポイントで、熊本寄りと考えておきたい。

共に失点に苦しむ「富山 - 甲府」は、その攻撃力の差が歴然。
今季の直接対決を 5-1 と制している点でも番狂わせはない。

勝てない北九州は、まだ継続のときと見る。
草津の方がより安定感を感じ、引き分けの可能性を残しつつも、
僅差で勝ちきると予想します。

「岐阜 - 大分」戦は、ホームアウェイの対戦成績が両極端。
調子に乗れない大分よりは、岐阜を押します。

九州対決は、上昇気流下にある福岡が有利。
しかし、粘り強い鳥栖にも不敵な気配を感じてます。
分けも十分あり得る一戦かと。

そしてホームの徳島、根拠は薄いがここはこの一点に期待したい。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

470回 結果

toto 470回 結果

 toto 的中数 3/13

散々な結果にもメゲズ、次に切り替えます。
が、時間の都合により、反省は省略です。

あっ、やはり占いは信用ならないようです。
自分の意思を貫くことこそ良い方向に向かう気がしました^^



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

470回 予想

toto 470回 予想

toto
 広島  神戸  1
 名古屋 横浜M 1
 浦和  清水  2
 湘南  川崎  0
 G大阪 C大阪 0
 磐田  F東京 1
 鹿島  大宮  1
 仙台  山形  0
 新潟  京都  1
 札幌  鳥栖  0
 横浜C 福岡  0
 甲府  熊本  1
 北九州 岡山  0

やや涼しくなってきたのとともに、丸々1週間日程が空いたことで、
また予想が一筋縄ではいかなくなりそう。
最近の勢いを信じるか、素直に戦力に期待するか・・・。

さて、今節はダービー戦が目白押し。

上から、まずは神奈川ダービー「湘南 - 川崎」。
実はこれが一番の賭けどころだったりします。
勝てない上失点が止まらない湘南には良いとこが全くない状態ですが、
MFエメルソンの出場停止明けと、前節のターゲットマン機能はプラス点。
が、圧力に脆い守備陣は、一度崩壊すると止まらないはず。。。
対する川崎は、アウェイ戦では9戦未勝利と相性が悪い。
脱疲労とともに、秘めている爆発力が発揮されるとこの限りではないが、
攻守の連携不良とともに、守備にも一抹の不安を残す今、
川崎の白星を消してみる予想も面白い。

順位も上位対決となり、注目度が高いのはやはり大阪ダービー。
2位争いとなるこの対決は、共に高い攻撃力が注目されがちですが、
G大阪の巧みな試合運びや、C大阪の堅守にも目を向けておきたい。
先の直接対決は 1-1 で引き分けており、
今回こそ完全決着と行きたいところでしょうが、
両者特に大きな穴はなく、好勝負の末分け合う展開が妥当では。

もう一つはみちのくダービー。
こちらは、両者得点力に難があり、
下位に沈んでいることもあって、全国的にはやや地味な印象を受ける。
しかし、今季の同ダービー敗戦の雪辱を果たす意味でも、
仙台のモチベーションがより高めに感じる上、
FWフェルナンジーニョも復活が濃厚で、予想外の爆発の可能性もある。
だがそこは山形も譲れないところ、
守備重視の戦略が機能するならば両者沈黙と言うことも有り得るでしょう。

他に、監督が交代となり、今年も指揮を執ることになった和田神戸は、
選手の起用方法を弄ることで改善を図るが、効果が表れるかどうか・・・。
迎え撃つ広島も合わせ、両者主力選手の欠場が多く、
万全の布陣は組めないものの、
そんな中でも巧い試合運びを見せる広島が有利と考えます。

首位名古屋は、正念場となる難しい一戦を迎える。
両者3連勝と好調ながら、より内容が伴っているのは横浜Mの方でしょう。
ましてや、名古屋は心臓部とも言えるボランチ部の選手がごそっと欠場で、
ポジション的に相対するであろう横浜M MF中村を
フリーにしてはいけないこの一戦において、
代役の出来が勝敗を握ると言っても過言ではない。
こういった状況から、正直、当初は引き分けと考えたこの試合だが、
何気にとある占いを目にしたときに、
ラッキーキーワード類がグラに当てはまる項目が多く、
これは名古屋勝利とすべきなのかと勝手に解釈。
よって、それまでの迷いは払拭され、ホーム名古屋の勝利予想とします^^



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

469回 結果

toto 469回 結果

 toto 的中数 6/13

なんだか次に繋がるのかも分からない様なこの結果。
唯一の収穫はグラが首位を独走できたこと。
願わくば、盛り上がりには欠けますが、
このまま悲願の優勝までひた走って欲しいところです。
そう、勝ち点差7では全く落ち着けません^^;

さあ、反省か。

広島は苦しい状況に置かれながらもこの粘り。
さらにMFミキッチが負傷離脱した点を考えれば、
より厳しいものとなっていくのでしょうが、
やりたいこと、やるべきことは、
出場選手にかかわらず遂行できると分析すべきだったようです。

川崎は、ホームにあってここまでダメダメなのは久しぶりです。
しかし理由が其処にあったとしても、これで横浜Mは3連勝を達成。
MF中村をフリーにさせると怖いと言うことを改めて実感しましたが、
次節名古屋戦でも同パフォーマンスを披露するかと思うと恐い限りです。

新潟は、試合を制圧していただけに勿体ない。
この辺がG大阪が強者たる理由であり、巧さの一端なんでしょう。

大宮は予想を超えるパフォーマンスにちょい戸惑いますが、
清水側に問題があると考えるべきか。
ターゲットマンとして先発したFW長沢は、
ユース上がりの期待の若手選手ですが、
長身ながらポストとしての巧みさが懸念されており、
案の定機能しなかった点ではまだ精進の日々が続くことになりそう。
優良外国人選手の代わりは、そうそう務まるものではないですね。

京都は念願の1勝を完勝で飾りましたが、手放しで喜べるかはちと疑問。
神戸の自滅による影響も多々あり、
次の新潟戦で勝てないまでも良い試合が出来るかどうかが重要です。
万が一降格が決まれば、新スタジアム計画も泡となって消えるとか。
この後の巻き返しに期待しましょう。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

469回 予想

toto 469回 予想

toto
 C大阪 広島  1
 磐田  湘南  1
 川崎  横浜M 1
 鹿島  仙台  0
 新潟  G大阪 1
 大宮  清水  0
 京都  神戸  1
 山形  名古屋 2
 F東京 浦和  0
 大分  札幌  1
 柏   富山  1
 岐阜  北九州 1
 福岡  千葉  1

さあ、リーグ戦の再開です。
全く結果の伴わないJ2予想も然り、
波乱を含ませつつもホーム寄りの予想になってしまいました。
うん、当選からは程遠そうです^^;

首位名古屋、2位C大阪、そして追い上げムードにある川崎は
無難に勝ちきると思います。

しかし、3位清水は配当金も考慮し引き分けとしたい。
不調に陥ったこの季節、乗り込む地は暑さに定評がある埼玉。
中2日の日程を考えれば、前節に続き足が止まることは明白でしょう。
また、これを迎え撃つ大宮がまた曲者で、好不調の波を読むのが難しい。
先日の広島戦で見せたような粘り強い守備から入ることができれば、
勝機は十分に有り得るはずです。

4位鹿島はMF小笠原が不在が懸念点だが、
同じく主力選手の不在、かつ中2日の仙台の台所事情を考えれば、
鹿島の負けはないと見ます。
が、勝ちを期待するのも少し心許ない。

そんな中、下位争い関西ダービーとなる「京都 - 神戸」にも注目。
京都は、先の天皇杯佐川印刷SC戦延長の末の辛勝が気がかりですが、
勝利と言う結果こそが次に繋がる最高の収穫だったでしょうし、
リーグ戦でも長いこと結果は出ていませんが、
最近は決して負け試合を演じているばかりではない。
対する神戸も得点力に憂いでいる状態で、
ロースコア戦になることは間違いないところ。
しかしながらダービーのこのカード、
西京極での試合に限定すれば次は京都が勝つ順番であり、
良質な飛び道具も有する京都が、
新監督就任後リーグ戦初勝利を挙げるのは、
ここをおいて他にないのではないかと期待してます。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

468回 結果

toto 468回 結果

 totoGOAL3 的中数 2/6

またまた退場者の影響により勝敗が大きく左右したようです。
流石にこの展開は予想できるものではなく、
是非もなしと言ったところです。

さて、改めてキーマンの存在感と言うものを実感した1日でもありますが、
トーナメント勝ち上がりの戦略も相まって、
その多くは緊迫した展開だったように思います。

そして、そんな8クラブに待ち受けるは、中2日でのリーグ戦再開。
日本列島を横断していった台風の影響もあり、
幾分暑さも和らいだ感がありますが、
それも過ぎ去ればまた猛暑が待っているはず。

スタミナには定評がある清水でさえも、
試合終盤には既に運動量が低下している点を考えれば、
このナビスコ杯は相当なハンデになること間違いなしではないでしょうか。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。