スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災・・・そしてこれから

まず、震災により被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。
また、未だ消息の不明となっている方が、
少しでも早く少しでも多く救出されること、
そして、被災地や避難所等で不自由な生活をされている方が、
少しでも早く元の生活に戻れるよう心よりお祈りしております。

さて、私も過去最大とも言える大地震を体験した一人ではありますが、
幸いにも被害と言えるほどの被害は被っておりません。
数値の上では震度6弱地域に入るようで、
建物の一部崩落等はあれど住めなくなるようなことはなく、
海岸部から遠いと言うこともあり津波の心配もありません。
地震発生から数日間全ライフラインが停止し、
家中の家具等が転倒または移動する等、
まあ多少めちゃめちゃになった程度です。。。
しかし、10日以上経った今も震度4や5と言った、
平常時であれば大きいなと感じるであろう地震が
毎日のように起こっているのも事実。
やはり暫くは安心して過ごせる気がしません。

そんな中、復興へ向けた慈善活動が、
過去に類を見ない程活発化しています。
大いに賛同する私としても、可能な限り協力し応援したいところですが、
悲しいことに世間では良からぬ行動を起こす輩もちらほら・・・。
サッカーでもJリーグや各クラブの対応が評価される中、
29日の慈善試合のチケット転売問題は
非常に不愉快さを感じさせるものです。
出場選手は錚々たる面々で、
サッカー好きにはこれが非常に楽しみな試合であることは間違いなく、
同問題を防ぐ手立てを考慮しなかった点は、
主催者の落ち度とも考えられますが、
趣旨を無視したこの行為は決して許されるものではないと思います。
まだ時間はあるため、今後の動向に注目するとともに、
日本サッカー協会の小倉会長の発言や行動にも期待したい。

また、国内リーグ戦の延期によりtotoも暫くのお休み。
これは当然のことであるとともに、非常に有難いことでもある。
正直、未だに気持ちの整理がついておらず、
のほほんと予想などをする気になれないと言うのが本音です。
大したことはできませんが、今は日々できることを精一杯行い、
微力ながら復興に貢献できればと言う思いです。

スポンサーサイト


テーマ : 雑記 - ジャンル : その他

489回 予想

toto 489回 予想

toto
 清水  鹿島  0
 新潟  山形  1
 C大阪 柏   0
 仙台  名古屋 2
 浦和  G大阪 2
 福岡  甲府  0
 横浜M 川崎  1
 磐田  神戸  1
 大宮  広島  0
 千葉  湘南  1
 岡山  F東京 2
 京都  熊本  1
 鳥取  岐阜  0

半数のクラブにとっては、
もう一つの開幕戦とも言えるホーム初戦を迎えます。
開幕のアウェイ戦で完敗を喫したクラブにとっては、
仕切り直しとばかりに気持ちを切り替えて臨みたいところですね。

さあ、注目は。
まずは、初戦完敗の清水と辛うじて黒星を免れた鹿島の一戦。
眠れるエース高原の復活、鹿島FW陣の無得点、
高校サッカー得点王対決等見どころ満載のこの試合ですが、
最も考えなければいけないのはお互いの不在者の影響でしょう。

清水は、DFリーダーボスナーが出場停止となり、
3失点崩壊の守備をどう修正するかが課題ですね。
鹿島は、何と言ってもオリベイラ監督のベンチ入り停止に尽きる。
過去の不在試合は3試合全て負けており、
数値の上でも監督不在の影響が実証されている。
しかも、なんの因縁か昨年8月の不在試合の対戦相手は清水。
こうなれば、借りを返すべく2重3重に策を用意してくるかも知れません。
オズ魔法の効力も向上しているでしょうし、負けは考えにくい。
最後のところはお互いのFW陣の調子を考えドローと予想したい。

ちなみに、鹿島はFWイゴール・サルトーリと契約しましたね。
これを聞いた瞬間に「おっ」っと興味を引いてしまいました^^
なんせ、あのアルシンドの息子ですから。
J元年開幕前には全くのノーマークの選手ながら、
蓋を開けてみれば鹿島時代の2年間でリーグ戦50ゴール。
その容姿と性格もあり、忘れることのできない選手でもありますね。
そしてあの当時、試合後のピッチで父に寄り添うイゴールの姿を、
今でも覚えていますが、いったいどんな青年になったのでしょうか。
鹿島と言うビッグクラブで、しかもC契約と言うこともあり、
そうそう試合に出れるチャンスはないでしょうが、
是非ともこの地で大成して欲しいものです。
また楽しみが一つ増えました^^

さて、話しを戻しまして。
「新潟 - 山形」の天地人ダービーは、
攻守どちらが勝つかと言ったところでしょうか。
守備には定評がある山形に対し、新潟にとって福岡戦同様の攻撃が
通用するのかどうかがこの試合の争点と考えます。
案外、お互いに良さを出し合った結果、
痛み分けなんて展開もあり得ると思いますが、
山形の非力な攻撃かつ不調と言う点から、新潟一本が無難でしょう。

「福岡 - 甲府」の昇格組対決は、ホーム福岡の方が相性では上回る。
しかし、J2時代とは選手の異なるこの両者、
仮に打ち合いの展開になれば甲府に分があると考えられ、
戦力により充実の見られるアウェイ側を有利と見ておきたい。

J2の強者対決「千葉 - 湘南」は、
評判通りに開幕戦から大暴れの千葉FWオーロイのプレーがポイント。
湘南としても、対策を講じて乗り込んでくる様子だが、
分かっていても止められないと言うのがあの高さ。
2メートル超と言うのはもはや反則です^^;
まだプレーの癖が十分に分析されていない今は、
その存在は脅威そのものとなり、千葉が競り勝つと考えます。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

488回 結果

toto 488回 結果

 toto 的中数 6/13

ACLアウェイ組の名古屋、鹿島が、
押し気味な展開にもかかわらずの引き分け。
長距離の移動が伴う場合、
予想以上の疲労とストレスを計算しないといけないのかも知れません。

いや、それよりも対戦相手を褒めるべきでしょうか。
横浜Mは、最後のところでの粘り強い守備が効いていましたし、
大宮は、派手さはないものの実用的な補強が有効に働き、
確実にレベルアップを果たしているように感じますね。

そして、それと同時に、名古屋、鹿島のFW陣には、
まだまだ怖さが足りませんね。
良い形で攻めることができても、
フィニッシャーが仕事を遂行できなければ結果には繋がりません。
両クラブを含むコマの豊富なクラブに共通して言えることとして、
連携の劣る選手はあまり起用しない傾向にあると思うのですが、
そんな中、グラ期待のルーキーFW永井が意外にも目覚ましい活躍。
疲れの出始める終盤での投入と言うこともあり、
自慢のスピードが活きた部分はありますが、
それでも最も得点の匂いを感じさせた選手でもあります。
この試合を見る限り、監督もスタメンで起用したくなることでしょうね^^

各クラブの戦力が明らかになっていない開幕戦予想は、
やはり難しいものですね。
いかに、下調べしようとも最後の一週間で一気に仕上げ、
全く違うチームになっているクラブなどもありますから。
それでも、例年に比べれば、
今季は比較的順当と考えられるのではないでしょうか。
大波乱がないことが波乱・・・なんとも。。。
さあ、予想はこれからが本番です。
前情報なくして予想は成り立ちませんからね^^;



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

488回 予想

toto 488回 予想

toto
 甲府  磐田  1
 名古屋 横浜M 1
 G大阪 C大阪 1
 広島  仙台  1
 福岡  新潟  0
 川崎  山形  1
 柏   清水  0
 神戸  浦和  1
 鹿島  大宮  1
 徳島  鳥取  1
 愛媛  札幌  1
 F東京 鳥栖  1
 水戸  京都  2

いよいよ2011シーズンtotoの開幕です。
満足な結果が残る様張り切っていきましょう。

さて、ゼロックス杯を戦った赤い2クラブに加え、
昨季の上位陣計4クラブは先のACL戦により若干の疲労が伴うところ。
しかし、長らく公式戦から離れていた状況にあって、
一足先に真剣勝負を経験できた点は、逆に有利に働くに違いない。

注目が高いのは、やはり大阪ダービー。
昨季の2位3位の上位対決ですし、
相互に移籍したFWアドリアーノとFW倉田にとっては
いきなりの古巣戦と面白い。
G大阪は、怪我人を多く抱える状況にあって、
ACLでは5発快勝と上々の出だしを切ることが出来、
無冠に終わった昨季から、今季に賭ける思いが伝わってきます。
C大阪はと言うと、主力が抜け低下した戦力を補うためには、
最低限新戦力の融合が不可欠。
中でも期待は、名前のインパクトも十分なFWピンパォンでしょう。
ACLでの完全なる格下相手に、しかもホームでの一戦において、
辛勝とも言える不甲斐ない戦いをしてしまったチームにあって、
2ゴールを挙げその存在感を知らしめたプレーは期待通り。
客観的にみてG大阪有利のこの対戦、
C大阪に勝機があるとすれば彼の出来にかかっていると言えます。

お次は、昇格組を見ていきたい。
まず、開幕戦に滅法弱い甲府、磐田の両者。
特に磐田は、ここ2年昇格組に白星をプレゼントしている優しさを見せ、
一昨年の対山形戦6失点はまだ記憶に新しい。
戦力では磐田に分があることは間違いないが、
多くの補強を行い、J1に再度定着しようとする意志が見える甲府に、
戦力以上の何かを見出したい。

5年ぶりのJ1復帰となる福岡は、
残留とともに過去最高の12位以上が現実的な目標でしょう。
OBでもある篠田政権も4シーズン目となり、
結果をも求められる時期に来てはいるが、
戦力的にはJ1 18クラブ中18番目と見てもおかしくはないのが現状。
5年前のJ1再挑戦も、松田政権4シーズン目での1年降格だけに、
それだけは是が非でも避けたいところでしょう。
しかしながら現実はそうそう甘くはない。
対する新潟は主力が引き抜かれ戦力ダウン必至だが、
黒崎監督の元にかつての同僚でもあるサントスがコーチとして加入。
鹿島初期を支えた二人だけに、期待度は大きい。
こちらの目標はACL出場権獲得と目指すところも違うことから、
新潟有利は基本線で、福岡の開幕勝利はお預けと見ておきたい。

「柏 - 清水」の一戦は、トレーニングマッチにおいて、
ともにJ2勢に負けを喫しての開幕となる。
柏は、清水から移籍のMF兵藤、セルティック帰りのMF水野が、
怪我により欠場なのが面白味に欠けるところ。
清水は、MF小野-FW高原のホットラインが注目を独占しているが、
未だ高原に得点が見られないのも事実。
やや低調な展開になる可能性も高く、ドローとしておきたい。

最後は、Jリーグ初参戦のガイナーレ鳥取。
長期政権を執っていたヴィタヤ監督の怪我により、
代わって指揮を執ることになった松田監督の元、
記録づくめで文句なしの優勝を飾り昇格を決めた鳥取ですが、
その選手の顔ぶれを見ると実に面白い。
J経験選手が多いのはもとより、
DF服部やFW岡野といったベテラン勢のJ復帰は注目されてますね。
しかしながら、迎え撃つ徳島も
昨季からの更なるレベルアップが予想され、
上位を狙う立場を考えると、ここでの躓きは許されない。
格の違いを見せつけると言う意味も込めて徳島の完勝を期待したい。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

ツエーゲン金沢

井上渉選手 新加入のお知らせ
http://www.zweigen-kanazawa.jp/news/newsDetail445.html

2年間在籍したJ2徳島を戦力外となり、
次なるステージが未定となっていた井上渉ですが、
いつの間にやらJFLツエーゲン金沢と契約を果たしていました。
新体制発表を終えた後での加入だけに、
公式HPを見ても発表ニュース一つしかありませんが、
またサッカーを続けられる環境が整ったことは本当に嬉しい限りです。
なんでも分かってしまうインターネット普及時代にあって、
何も情報が入手できないのは、なんとももどかしいものですね・・・。

さて、このツエーゲン金沢、
JFL1年目となった昨季は、まさかの申請不備により
Jリーグへの加盟申請が認められないと言う失態を犯していますが、
流石に今季は問題ないでしょう。
他クラブからは羨ましがられるほどの練習設備を有し、
新スタジアムの建設計画が検討されている他、
地元民からの理解も高く、
戦力が整えばJ2で戦うに当たって大きな支障は特に見られない。

しかし、肝心の上野監督の戦術はどんななのでしょう。
昨季の試合結果を見る限りは、
オーソドックスに近い4-4-2のような布陣を多く用いているようですが。
また、前監督退任とともに崩壊の危機に陥ったクラブを、
1年でJFL昇格に導いた手腕は評価できるところでしょうし、
育成年代の指導歴が多いところを見ると、
若手の育成にも定評がありそうで、クラブが育成スタイルをとり
長期的に任せるのであれば期待が持てそうです。

そして、クラブカラーは幸いにも赤。
新天地での渉のプレーを見る度、
グラ時代を思い起こさせてくれそうです^^
元々テクニックには定評があり、攻撃的なセンスは十分なレベルで、
DF起用も多かった昨季の経験から、プレーの幅も広がったはず。
レベルの上がっているJFLではあるが、
是非とも中心選手として活躍して欲しいところです。
FW久保とのホットラインにも期待^^

最後に、ACL初戦について。
名古屋とG大阪、まさしく明暗を分けましたね。
しかし特段心配はしていません。
その内容は、あまり良かったとは言えなかったようですが、
難しいアウェイ戦ですし、まだまだたったの1試合、
先が長いことを考えれば、
この負けもきっと良い意味で受け止めることができるはずです。
まずは気持ち切り替えて週末のJリーグ初戦、
ここで躓かないことが最も重要です。



テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。