スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

504回 結果

toto 504回 結果

 toto 的中数 8/13

ようやく予想も不振から脱出かな。
当たらぬ予想は全て一緒との考えから、
まだまだ満足するには程遠い状況ですが、
故障、ガス欠などを避けながら、確実に上澄みを図りたいものです。

さて、C大阪はまた勝てませんでしたか。
決して手を抜いているわけではないんでしょうけれど、
攻勢の割に中々結果が伴いませんね。
果ては金鳥スタジアムでの不敗神話も崩れ去ってしまいましたし、
昨年の脅威の攻撃力はどこへ行ってしまったんでしょうか。
攻撃のキーマン移籍と言う現実が、
少なからず継続性を曇らせてしまっているんでしょうが、
良い逸材はまだまだいます、少しでも早い新星の台頭に期待です。
後は、いっその事国内戦は捨て、ACL重視と言うのも面白いですね。

J2FC東京は遂に復活でしょうか。
それとも相対した京都が不甲斐なかっただけでしょうか。
どちらにせよ、4得点と言うこの大量得点は
何かしらの転機になるかも知れません。
次節にはMF石川も復帰予定ですし、
いよいよ本命の巻き返しが始まる・・・かも。
これが分かったら苦労しませんね^^;

さあ、次は水曜日の日本代表戦です。
代表戦についてはスルーと思っていたのですが、
フェイエノールトでプレーする宮市の不選出がちと残念。
代わって、新顔が数名いることを考えれば仕方ないところでしょうか。
ここ最近の日本人選手では、最も興奮させられた選手なだけに、
過度の期待をしてしまっているのかも知れませんが。。。

次回totoはナビスコ&J2と言う明らかに難しい組み合わせだけに、
気負わぬよう頑張りましょう^^

スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

504回 予想

toto 504回 予想

toto
 仙台  横浜M 0
 浦和  新潟  1
 柏   神戸  1
 清水  磐田  0
 甲府  山形  1
 C大阪 大宮  0
 川崎  G大阪 1
 名古屋 福岡  1
 横浜C 熊本  2
 京都  F東京 0
 札幌  岡山  1
 湘南  草津  1
 北九州 富山  0

大きな期待の中、それを裏切る形になってしまったACLの3クラブ。
まさか3/4クラブもがここで消えてしまうのを誰が予想したでしょうか。
1位通過特典であるホーム開催での一発勝負、
今年はその利が著しく表れたのかも知れませんね。
そして、唯一残ったC大阪、前評判は一番下だったかも知れませんが、
今やJリーグの代表として最後まで意地を見せて欲しいところです。

さて、toto予想ですが、
注目は前節を大勝したもの同士の静岡ダービーでしょう。
安定感、爆発力と言う意味ではアウェイ磐田に分がありますが、
ようやく形が結果として現れ始めた新生清水の伸びしろも見逃せない。
この両者、ボールの出しどころとなる中盤の主導権争いと、
最大の武器とも言えるサイド攻撃の優劣争いが試合を左右し、
展開次第ではどちらかに傾いた試合になる可能性もあります。
しかしながら、サッカー王国ならではの強いライバル意識を持ち、
今季対戦した練習試合2試合もともに引き分けと、
意地と意地がぶつかり合うような一戦なのかも知れません。
つまり・・・人的予想は難しいと言うことで、ドロー^^

上位対決となる「仙台 - 横浜M」戦は、
勢いそのままに乗り込んでくる横浜Mの脅威とも言える攻撃力を、
どれだけ仙台がいなせるかと考えるが、
そこは聖地ユアスタ、負けないクラブ継続と見てここも引き分けです。

もう一試合の上位対決「柏 - 神戸」は、これまた優劣難しい。
正直柏寄り予想ながらどちらが勝ってもおかしくはないかと。
ただし、スコアレスドローなどと言う展開はあり得ないと考えられ、
引き分ける可能性は非常に低いと思われるため、
全ての戦力において上澄みの見られる柏を押しておきたい。

不振の名古屋は、MFダニルソンの再離脱とGK楢崎の負傷により、
もうどう予想して良いやら・・・。
しかしながら、もしここで福岡に負けるようなことがあると、
爆発してしまうサポも出てきそうです。
予想と言うよりは、願望にも等しいものですが、
今回だけは、この試合だけは、白星以外目に入りません^^;

最後に、今や他のJ2勢にもすっかり馴染んでいる、京都、F東京。
共通して言える一番の課題は、決定力の無さでしょう。
得点数リーグワースト2位タイと言う数値を見ればそれは明らか。
そして、この試合においても、決め手となるだけの
大きな変化はないか思われ、仲良く痛み分けると考えます。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

503回 結果

toto 503回 結果

 toto 的中数 7/13

前回の押してもダメ、引いてもダメと言うことで、
スライド式を非公開ながら試してみましたが、
結果は・・・もっとダメでした^^;
やはりコツコツと狙って行くのが一番良いのでしょう。

そんな予想にも若干光が見えてきたようにも感じます。
いつかは運も回ってくるだろうと信じて、
同路線で強気に狙って行きます。

光と言えば、今季初のマルチ得点により快勝を飾った清水。
FW高原もエンジンがかかってきたようですし、
期待をせずにいられないクラブになりそうです。
そして次戦は静岡ダービー。
対する磐田も3戦10発と脅威の攻撃力を誇っているだけに、
決して容易い相手ではないでしょうが、
新旧代表エースとなるこの対決、見どころ満載となりそうです。

もう一つの注目は、愛媛の勝利。
少なくともこの対戦において、
愛媛が勝ちうる情報は限りなく低いものでした。
栃木にとって、前節の大分戦を零封負けしたことが響いたのか、
決定力を欠いたのが痛かった。
しかし、攻撃の形はできていただけに、
そんなに心配しなくても良いかと思いきや、
次は2位徳島との上位対決。
短い時間で2得点を挙げたFWドウグラスを起用してくるでしょうから、
やはり難しい試合が予想されますね。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

503回 予想

toto 503回 予想

toto
 磐田  福岡 1
 横浜M 甲府 1
 名古屋 柏  1
 G大阪 新潟 1
 神戸  広島 0
 浦和  鹿島 0
 山形  仙台 0
 大宮  清水 1
 富山  草津 2
 鳥取  水戸 0
 栃木  愛媛 1
 北九州 京都 0
 F東京 湘南 0

今節はちょっと簡単に^^

これまで対決の度に大入り確実だった、
ビッグクラブ対決「浦和 ‐ 鹿島」戦も今は昔。
浦和の人気低迷に合わせて、大きく観客数は減少の見込みの様子。
そんな両者は、連続してのホーム戦、アウェイ戦と
変則日程の真っ只中。
ホーム戦が続く浦和にしてみれば、
次へ繋がるような良い結果を残したいところでしょう。

しかし、不調を露わにしている両者だけに、
スタメン予想が難しいところですが、
それよりもお互い止まらない失点をどう修正しているかと考える。
個人的には、復調の気配を感じつつある浦和を押したいところだが、
そこは決め手乏しい今の状況、ドローに収まるのではないでしょうか。

みちのくダービーとなる「山形 ‐ 仙台」戦は、
ライバル意識が異常に高い。
意地のぶつかるダービー戦と言う点を考えるならば
一番に引き分けが頭を過ぎるところだが、
昨季は、お互いホーム戦時において勝利するなど、
意外にも決着が付く傾向にあるのも事実。
しかしながら、2試合連続無得点の山形と、連続引き分けの仙台、
勝者を絞るのはやはり難しいもので、
山形にある程度の踏ん張りを期待する意味も込めて、
痛み分けドローと予想しておきたい。

劣勢名古屋の勝利予想は、それなりに勝算があってのもの。
ただし確率が高くないのは言うまでもないですが^^;

J2F東京はまだ復活のときではないと考えます。
対する湘南も、爆発力に欠ける部分はありますが、
それなりの守備の安定がありますし、
不調を極める相手攻撃陣を抑えるのは無理なことではないかと。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

502回 結果

toto 502回 結果

 toto 的中数 3/13

もはや泣けてきそうな程のこの結果。
押してダメなら引いてもダメ、ではどうしろと。
・・・もしかしてスライド式ドアですか。。。

今回弱さを発揮したクラブと言えば、
清水、新潟、名古屋辺りでしょうか。
浦和、鹿島も調子は良くないですし、
実に似たような色を基調としているクラブが低迷中です。
せめてもの救いは、ここに大宮が入っていないことですね^^
かたやもすこし赤みを減らし、
黄色基調ともなると上位と来たものです。
色で強さが決まるなら苦労はしませんが、
事Jリーグにおいては赤は王者の色と思いたい。

さて、もうどう反省したらいいのか分からない
J1には目を瞑って、偶にはJ2を。
上位の顔ぶれはまあ妥当としながらも、
何故ここにF東京がいないのでしょうか。
しかもここまでの6試合でリーグワーストタイの3得点って。

外国人カルテットが思う様に使えていないと言う点はありますし、
ピンポイントで怪我人が発生しているのも事実。
しかし、それらをなしと考え残ったメンバーだけを考えても、
その戦力はまだまだ他を寄せ付けないレベルのはずです。
J2と言う舞台ではモチベーションが上がらないのか、
選手のメンタル面が一番の原因とされているようですが、
そんな理由付けだけでは解明できないのがまた難しいところです。

しかしながら、おそらくは試合を重ね時が経つにつれ
本来の力を発揮してくれるのでしょうが、
万が一その時期が遅れた場合どうなるでしょう。
選手のみならず、監督への批判も噴出するでしょうし、
果ては内部崩壊なんてことにもなりかねません。
「付け焼刃な一手よりも、的確な対処の第一歩」を期待したい。
なんだか、どこぞのビッグクラブにも言えそうだ^^;



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

502回 予想

toto 502回 予想

toto
 仙台 磐田  1
 山形 大宮  0
 清水 神戸  1
 新潟 柏   0
 広島 横浜M 2
 甲府 名古屋 0
 浦和 C大阪 1
 福岡 G大阪 1
 川崎 鹿島  1
 草津 F東京 2
 京都 富山  0
 札幌 鳥取  0
 千葉 岡山  1

どうせツイていないのならばと、
キャリーオーバーのなくなってしまった今節は少々強気に^^;

もはや勢いだけではない仙台は、
FWマルキの退団、FW柳沢の怪我による低迷を危惧してましたが、
結果としてそれらが団結感を生み出し、
役割明確に無理のないプレーに繋がっているように思います。
対戦相手、山形を相手に4-0快勝した磐田の勢いは、
不出来だった山形あっての一過性のもの。
まだまだこのホームの地で負けてはいけないときですし、
これまで通りの強い気持ちで臨むことが出来るならば、
自ずと勝利は手にすることができると考えます。

首位をキープしたい柏は、この新潟戦は難しい試合になると考える。
先の山形戦の再現だけは避けたいところだろうが、
新潟も守備からのカウンターと類似した展開が予想される。
しかも新潟は、これまでリーグ最少となる2失点と安定しており、
同最大10得点と攻撃が機能している柏と言えど、
攻めあぐねることは予想に容易いはず。
そこを指揮官がどう攻略してくるかが一つのポイントとなるが、
両者決め手なくドローと言うパターンも可能性は高い。

ここまで無敗同士の対戦となる「広島 - 横浜M」戦は、
一番の悩ましい対戦。
可能ならばトリプル予想にしたいくらいです^^;
広島は前節での負傷者2人の穴埋めが最も気がかりなところ。
守備の要としてフル出場を続けていた2人だけに、
ここまでの守備の安定が崩れる恐れがあり、
昨今ホーム側が勝利すると言う図式が成り立っているこの対戦も、
その限りではないところ。
対する横浜Mは、GK陣に負傷者が相次いではいるが、
先発中の阪倉は健在ですし、今のところ支障はない。
それより、攻守に穴の見られない現状に加え、
2点ビハインドをも跳ね除けるだけの精神力、
そしてカリスマ監督の采配もキレを見せていることから、
相性以上にこの勢いが上回るのではと考えたい。

そしてACL勢にとっては、
5連戦目となる今節はやはり疲労度が気になるところで、
思い切って全外しにして見ました。
3連敗の浦和は、システムの変更等も見られ、
純粋に勝てるかなと踏んでいますし、
5連敗の福岡にしても、プレー自体はそこまで卑下するものではない。
辛抱強く90分持たすことが出来るならば、
もう少し良い数値を残すことも可能でしょう。
とにかく頑張ってもらいたい。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

501回 結果

toto 501回 結果

 toto 的中数 5/13

依然として、低空飛行が止まりません。
上昇気流でも豆の木でも、
高く飛べるジャンプ台でもいいので欲しいところです^^;

さて、アウェイ勝利のなかった今節の結果により、
キャリーオーバーがなくなってしまいました。
しかし、早速ACLの試合がやってきますし、
波乱を期待できる次戦はやはり楽しみなものですね。

そして今節最も意外だったのが、広島が勝てなかった点。
6年目の長期政権になるペドロビッチスタイルはすでに成熟の域。
よしんば優勝を目標にしても良いレベルのはずながら、
今季未勝利とJ1の壁にぶつかっている甲府を相手に分けるとは。
そんな中DF水本が全治4か月の重傷により試合開始早々に交代。
スポーツの怖さを改めて思い知った試合であるとともに、
本人にとっては、今季新天地で期するところがあったであろうだけに、
なんとも残念な試合だったと思えます。

また、磐田の完勝も驚くに値する。
山形にとって、早々に先制点を獲られたと言う出足の悪さが、
如何にゲームプランを壊したかと言うのが如実に現れた試合でしたが、
その反撃を上手くいなしゲームを完全にコントロールした磐田を
今回は褒めるべきでしょうか。
何はともあれ、この結果は良悪次に繋がりそうな結果かも知れません。

そしてグラ・・・何もここで致命的なミスをしなくても、と言う思いです。
いや、これ以上はもう何も言いますまい。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

501回 予想

toto 501回 予想

toto
 広島  甲府  1
 磐田  山形  0
 神戸  川崎  2
 大宮  新潟  1
 名古屋 清水  1
 柏   浦和  1
 横浜M 福岡  1
 C大阪 仙台  1
 栃木  横浜C 1
 鳥栖  大分  1
 徳島  京都  1
 F東京 富山  0
 熊本  札幌  0

時間がないので、考察は省略致します。
なお、いつもよりも主観や直感寄りの予想になってます^^;


ついでに、toto 500回 結果

 toto 的中数 4/13



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

500回 予想

toto 500回 予想

toto
 仙台  福岡  1
 浦和  横浜M 0
 川崎  磐田  2
 甲府  大宮  2
 新潟  神戸  1
 清水  広島  0
 山形  柏   1
 大分  徳島  1
 札幌  草津  2
 岡山  栃木  2
 京都  鳥栖  2
 横浜C 鳥取  0
 富山  岐阜  1

リーグ戦とACL戦とが平行開催のため、
いつもよりもJ2戦が多くなった500回節目のtoto。
連戦となる日程も加わり、波乱が起きる可能性は非常に高い。

さて、今回悩みどころだったのが、アウェイ有利のパターン。
しかしながら、アウェイ勝利がズラリと並ぶのは皆無に等しく、
ホームならではの地の利がどれだけ働くのかがポイントでした。
試合間の短い日程であればあるほど、
移動の手間が省かれるホーム側は有利となりますし。
ましてや連続してアウェイ戦となる、
大宮、広島にとってはやや難しい試合になることでしょう。

その逆に連続ホームとなるクラブには好都合なのも事実。
そんな状況にあたる仙台は、最下位福岡との一戦を迎える。
福岡はと言うと、お世辞にも現在良い状態にはなく、
まずは得点をと言うところからの対策が必要なほどに思える。
J1最南端から同最北端への移動も負担ゼロとは行かないでしょうし、
モチベーションも今の仙台を上回るクラブはまずない。
よって、3連勝達成とともに、首位奪取となることを期待する。

その仙台が首位に立つためには、
柏が負けるか、または最低でも引き分けることが条件となるが、
今節は迎え撃つ山形をズバリ押してみたい。
山形はここまで2敗1分の17位と出遅れ気味で、
昨年まで同様守備的な印象しか残ってはいないのだが、
ここまでの3試合はいずれも優勝を目論むような強者が相手。
第2戦C大阪相手には、シュートの雨を全て防ぎ切り無失点ドロー、
続くG大阪戦では、交代策もが実を結び、
結果こそ惜敗ながら2得点を挙げての善戦黒星。
対する柏は前節、甲府を相手に主導権を握り攻めている中で
先制点を獲られると言う一面も露わにしており、
山形が序盤から粘り強い守備を披露できれば勝機は十分にある。

しかしながら、柏で最も怖いのは、
変幻自在なスタイルや、的確な選手の交代、指示等、
Jリーグを知り尽くす百戦錬磨の指揮官ネルシーニョの采配にある。
個ではやや劣ると言わざると得ない柏の選手の能力を、
上手く引き出していることは言うまでもなく、
その采配如何では今後順位を維持できるのかどうかが決まります。
ですが、今年の山形のスローガンは「粘強」、
J1 3年目守備力で残留を決めてきた
山形の守備に賭けてみたい試合です。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

499回 結果

toto 499回 結果

 toto 的中数 5/13

当たりが減ってしもた・・・。
しかし、1等が出ていないところをみると、
これもまた妥当なところなのでしょう。
GW中と言うこともあり、次の試合はすぐやってきます。
気持ちを入れ替えて次をがんばりましょう。

さてさて、名古屋を負けと予想しつつも勝ってもらえると、
非常に救われる思いです。
勝っても負けても、「やった!」と言う感じでしょうか。
そしてそこまで大きな期待をしていなかったFW玉田が大活躍。
今季のグラは、
試合毎に活躍する選手が入れ代わるように思えます。
これは良く見れば、引き出しの多さを意味し、
相手にとって対策の的を絞られないため
非常に有効と考えられます。
しかし、意図しないものであった場合、
単なる急場凌ぎとも言えてしまうため、
その場合は辛いところですね。
後は、怪我人が増えてしまった現状を
どう乗り切るかなのですが・・・。

仙台は被災地ユアスタでの初戦を白星で飾り、
見事連勝で2位に浮上。
プロ野球では楽天も頑張っているようですし、
仙台パワーには凄まじいものも感じずには居られません。
そんな中、唯一の得点を挙げたFW太田の一言に
胸撃たれました。
「仙台は負けてはいけない・・・」
結果を見た瞬間、勝ったのかと言う思いとともに感動を覚え、
予想云々関係なしに、ただただ喜んでしまいました。
そして次節は続けてユアスタでの迎撃試合。
最下位に沈む福岡が相手ながら、
楽な試合とは決して思っていないはず。
そんな油断さえ無ければ、負けることはないと信じたい。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。