スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

555回 予想

toto 555回 予想

toto
 大宮  名古屋 2
 F東京 広島  1
 浦和  川崎  1
 磐田  柏   1
 C大阪 仙台  1
 新潟  G大阪 1
 清水  札幌  1
 横浜M 鹿島  0
 松本  富山  0
 京都  福岡  1
 鳥栖  神戸  1
 山形  水戸  1
 栃木  千葉  0

遂に審判下されたG大阪。
後任にはガンバ一筋の松波コーチが昇格となりましたが、
果たしてこれで状況改善はなるのか。
「ミスターガンバ」と言われるほどクラブに縁のある人物なだけに、
現選手達から信頼を得ることはそう難しくはない。
しかし、監督歴の乏しさは不安材料そのもので、
理想を追い求めるが余り現実が見えなくならなければいいのですが。
万が一そうなっては、前監督と大差なくなってしまいかねません。
よって、肝心なのは最初でしょう。
復活に向け団結感ある今だからこそ、
勝利に拘る必要が出てきますね。

 (ところで、山本強化部長が責任をとる形になり、
 金森社長は残留ですか・・・。
 妥当なのかも知れませんが、サポは納得しなさそうですね^^;)

そのG大阪を迎え撃つ新潟も、リーグ戦は3連敗と似たような境遇。
ただし、MFミシェウが復帰するであろう今節は何より期待が持てる。
コンディションが不透明ではあるが、仮に出場するからには、
新潟らしいプレーが披露出来るのではと考えます。
監督交代よりも、コア選手の復帰が齎す影響の方が上回ると考え、
元Jリーガーストライカーの青年監督対決は
先輩新潟の勝利と予想します。

J2京都からFWドゥトラを補強した鹿島は、
得点力アップのための緊急補強としては最良な選択の一つ。
起用法に不満を表し移籍先を探していたドゥトラにしても、
ブラジル大国とも言える鹿島のクラブ環境はうってつけ。
元セレソンの肩書を持つ監督も掌握効果絶大で、
新環境にはすんなり馴染めるんではないでしょうか。
問題はプレースタイルですが、技術高い鹿島の中盤選手に、
上手く使われるのではないかと期待してみます。
彼が活きることで、
不発のエースジュニーニョもより活躍が見込めますしね。
とは言え今節はまだその時ではないと考え、
両者攻め手を欠きドローと予想します。

全勝中の仙台が対峙するは、勝利相性の良くないアウェイC大阪戦。
ただし、これまで効果的なプレーを続けていた
C大阪新加入のMFブランキーニョのコンディションは不良気味。
攻守両面に安定しており、付け入る隙は十分にあるところだが、
何分好調な両者だけに均衡した展開になると考える。
今季のtotoはここまでホーム有利の結果が多いことから、
ホーム勝利を基本線と考えたいところだが、
正直どちらに転ぶか分からない一戦です。

同じく全勝のF東京も個人的には予想外の快進撃を見せている。
が、残念ながらここらで・・・いやいや、ここで単独首位になると予想。
司令塔MF梶原が欠場濃厚と言うマイナス要素付きだが、
そのポジションに代わりに入るはオールマイティなFWルーカス。
能力的にも連携も特に心配は必要はいらないでしょう。

最後に、今季は審判の判定問題が随所で挙げられています。
良くも悪くも働く人的判定なれど、
それが試合結果を決めてしまってはスポーツとして寂しい限り。
絶対に判定を間違えるなとは言いません。
万人に納得の行く厳しくも温かみのある判定を期待します。


以下、554回の結果です。


toto 554回 結果

  toto 的中数 8/13


スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

554回 予想

toto 554回 予想

toto
 仙台  大宮  1
 広島  鹿島  2
 川崎  C大阪 1
 神戸  F東京 1
 鳥栖  横浜M 1
 札幌  浦和  2
 柏   清水  1
 名古屋 新潟  1
 G大阪 磐田  0
 岐阜  大分  2
 千葉  徳島  1
 東京V 草津  1
 熊本  湘南  2

公式戦4連敗中のG大阪。
まさに予想外と言うか、予想通りと言うか・・・。
現状ではまだ体制の変更を否定しているようですが、
この状況を招いたフロント、スタッフの責任は非常に大きい。
万が一次のホーム磐田戦で負けるようだと、
正直どうなるか分からないといったところでしょう。
仮に勝利したとしてもそれが最低条件、
勝ち方や内容にも拘らないと、
一時しのぎでしかなくなってしまいます。
名将やベテラン選手の放出を泣く泣く許したファンのためにも、
取り返しの効くうちに納得の行く結果を出してもらいたい。

さて、そのG大阪の勝敗予想についてですが、
2連勝の磐田が相手とやはりやや劣勢にあるように見える。
磐田は活躍すべき選手が点を挙げるなど調子も上向きにあり、
侮れない相手となるはずだったが、
ここにきて故障者が続くなど決して良い流れとは言えない。
また、開幕のアウェイ札幌戦では、
決定力不足を露呈していたのも見逃せない。
G大阪にとっては、戦い方の迷いからか、
まさにG大阪らしいプレーができるかどうかだが、
大幅入れ替えを示唆している今戦も期待は薄い。
しかし、不甲斐ない結果を吐き捨てたいであろう
選手達の奮闘具合にも期待したいところで、
G大阪の勝ち以外と予想したい^^;

最も困難を極めた予想は「仙台 - 大宮」戦。
今一つ期待に応えてくれない大宮なので、
いっそのことあまり期待しない方が・・・とも考えるが、
今節は何故か得意なアウェイ戦。
変な力みがなくなり、本来の力が発揮できると言うところでしょうが、
今仙台戦も前評判では不利な立場にあるため、
もしかしたらと言う考えが見え隠れしています。

また、問題はそこだけではない。
ホームの仙台もナビスコ杯浦和戦のラフプレーがあるだけに、
素直に応援をして良いものかどうか思案どころ。
負傷した相手選手が人気ある選手なだけに、
必要以上に叩かれている感はありますが、
それが仙台選手の今後のプレーに
どう影響するかを心配しています。
よって、予想の上では仙台勝利としてますが、
メンタル的な不確定要素により、
どう転ぶか分からない一戦と考えます。

ACLで快勝を飾った柏を筆頭に、リーグ戦ではないながらも、
今季の公式戦初勝利を挙げた鹿島、鳥栖辺りも、
好転の兆しが感じられる。
良いときには良い流れが、悪いときには悪い流れが循環するもので、
連勝の可能性は低くはないのではと考えています。

J2唯一の4連勝湘南は、今節も首位をひた走ると見る。
しかし、純粋に戦力やプレー精度を比較するなら
圧倒するだろうと考えるが、試合場所は九州の地。
前節を見るだけでも九州に乗り込んだ3クラブは、
いずれも無得点と勝てずにいます。
例外はあれど、地の利が存在する良い例ではないでしょうか。
よって、好調な湘南が負けるとは考えにくいですが、
快勝できるかと言うとそこには疑問が残るのも事実です。

最後に、ブラジルサンタクルスからDFドゥトラを緊急補強した横浜M。
過去に長期在籍したOBで
連覇達成やベストイレブン獲得をも成し獲た
言わばレジェンド的な選手ですが、それは過去の話し。
DF天野が今季絶望となったための補強と言うのも分かりますが、
果たして38歳と言う年齢で
主戦場となるであろうサイドバックが務まるのかどうか。
高さがない選手だけに、スピードや体力が不足するようでは、
積極的に若手を使っていった方が今後のためにも効果的でしょう。
奇しくも若返りを敢行していたはずのクラブの方向性が、
どこに向いていくのか今後が楽しみです。


以下、553回の結果です。


toto 553回 結果

  toto 的中数 6/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

553回 予想

toto 553回 予想

toto
 浦和  仙台  0
 鳥栖  川崎  2
 磐田  C大阪 1
 湘南  岐阜  1
 愛媛  松本  1
 札幌  新潟  0
 鹿島  神戸  0
 大宮  横浜M 0
 横浜C 東京V 2
 鳥取  京都  2
 山形  甲府  1
 北九州 水戸  1
 栃木  富山  1

引き分け数0で終えた552回。
昨季の結果を見渡してみてもこの結果は一度としてなく、
これを波乱ととるべきか、それともホーム有利の順当ととるべきか。
とにかく中2日となる553回は、
ナビスコ杯ながら波乱は少ないと思いたい。

リーグ戦2連勝で今節を迎える仙台は、今季も堅守は健在。
DFラインにおける負傷者が気になるが、仮に選手が変わっても
戦力が変わらないのが仙台の強みであるならば心配はない。
それを迎え撃つ浦和は、
前節柏を撃破したことで雰囲気は一気に上昇中で、
猛攻に晒されながらも無失点で乗り切った点は今節にも繋がる。
過去引き分けの多いデータを残すこの対戦は、
好ゲームになると予想し引き分けを妥当と考えます。

神戸は、補強効果が表れているように注目を浴びているが、
ここまでの2戦は対戦相手に恵まれていた感は否めない。
今節の鹿島も得点0と不振に喘いでいるクラブの一つだが、
事守備に関しては一定の評価をしても良いと言える。
神戸が堅守を相手にした場合に勝ちきれるかどうかは、
今季の出来を計る良い機会だが結果は果たしてどうか・・・。
鹿島から移籍してきた選手、およびその飛び道具もポイントでしょう。

個人的に予想外の活躍を見せるのは川崎。
2戦続けて1-0の最少スコアながら、この結果は意外そのもの。
ただし、その中心に新戦力FWレナトがいるのも事実で、
今後マークが厳しくなるであろう中、
ハイパフォーマンスが続けられるかどうか注目です。
対する鳥栖は、早速J1の壁に阻まれているかの様子。
ただ、プレーこそ悪くはなく通用することを証明しながらも、
もう一つ何かが足りないと言った印象か。
地の利の効いた今節も残念ながら川崎の勢いが勝ると予想します。

J2の全勝組はここで絞られると考える。
甲府、水戸の両者は、長距離移動を伴うアウェイ戦のため、
中2日の難しさも影響し、この辺で躓くのではと考えます。
残る湘南は比較的優しい一戦か。
相手となる岐阜は昨季から引き継ぐかの様に非力さを感じさせる。
よって、ここを鉄板と見ずして
どこをシングル買い出来ようかと言う一戦ですね。

J2は今季僅か3試合を消化したところですが、
2006年に肖れと横浜Cは早速監督を解任。
後任にはOB監督が有力視されていますが、
果たしてこの決断が吉と出るか凶と出るか。
ただ少なくとも、ここまでを見る限りでは、
過剰な期待であったことは言うまでもありませんね。


以下、552回の結果です。


toto 552回 結果

  toto 的中数 7/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

552回 予想

toto 552回 予想

toto
 鹿島  川崎  1
 横浜M 仙台  2
 新潟  大宮  0
 磐田  鳥栖  0
 神戸  札幌  1
 浦和  柏   2
 C大阪 G大阪 1
 清水  広島  1
 F東京 名古屋 2
 甲府  愛媛  1
 松本  北九州 0
 岡山  水戸  2
 千葉  横浜C 1

得点数差により暫定的ながら、単独首位に立っている神戸。
違和感からか見慣れていない順位表の位置に、
次は・・・と心配をしてしまいますが、今対戦相手は非力な札幌。
本来内弁慶で知られる神戸の特徴からしても、
ここは素直に負けることは考えにくい。
また、FW大久保が初戦から爆発するなど、
新戦力以外が結果を出しているのも心強い。
連続マルチ得点は難しいながら、
気分良くプレーができそうな今節も
得点の気配を感じさせてくれるため、
神戸の2連勝は可能性高いと考える。

試合運びにらしくない綻びを見せた王者柏は、
再起を図る浦和との一戦。
圧倒的な存在感を放つ外国籍選手を中心とした攻撃面に関しては、
特に修正の必要はないところだが、
3失点の守備は放っておけない問題。
しかしながら初戦と言うこともあって、
監督・選手のギアも上がっていなかったのでしょう。
次こそは本来の姿が見れることと考えます。
意外とオフ中の対外試合数が少なかった影響かも知れませんね。

片や、連携に難を残し思うような展開にならなかった浦和も、
次がホーム初戦と言うこともあり、
それなりの修正を施してくるだろうが、
前者のそれに及ぶものではない。
残念ながら開幕2連敗と言う望まざる結果が
待っている可能性は低くないと考えます。

そんな浦和と同様に、元王者の風格を無くしてしまっているG大阪は、
連続ダービーで迎えるこのC大阪戦が早くも正念場か。
DF今野を補強したにもかかわらず、止まらない失点が齎すものは、
指揮官不信やプレーの迷いへと繋がる恐れがあり、
果てはモチベーションや連携の低下など、
多面において悪影響が懸念されます。
練習を熟す雰囲気もマイナス要素たっぷりな様ですし、
底辺からのスタートとなる危険性をも秘めた状態と言えます。

対するC大阪は、U23代表に招集された選手のコンディションに
やや不安を覚えるが、そこは若さで乗り切れるはず。
それよりもゴールを決めたイメージや、
凱旋となるモチベーションのプラス効果が見込まれ、
ダービーらしからぬ展開をも予想できるかも知れません。

リーグ開幕戦を勝利で迎えた「F東京 - 名古屋」の一戦は、
一回りも歳の違う守護神対決が見所。
始まって間もない今シーズンも、
存在感、安定感、そしてそのパフォーマンスは如何なく発揮しており、
1点勝負になるのではと予想できます。
唯一、また今季もか・・・と思わせる程、
負傷者続出の名古屋側の運の無さが気になるところだが、
攻守のキーマンは健在、
勝てないまでも負けはないと思いたいところです。

最後に、あの大震災から1年が過ぎたところですが、
被災地としての希望を背負ったクラブにおいては、
今節も十二分の力を発揮してくれると信じ、
前節敗れた鹿島も含めて良い結果を残してくれると期待しています。


以下、551回の結果です。


toto 551回 結果

  toto 的中数 7/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

551回 予想

toto 551回 予想

toto
 仙台  鹿島  1
 名古屋 清水  1
 G大阪 神戸  1
 広島  浦和  1
 鳥栖  C大阪 1
 札幌  磐田  1
 川崎  新潟  1
 大宮  F東京 1
 柏   横浜M 0
 北九州 岡山  1
 水戸  富山  1
 栃木  大分  1
 徳島  岐阜  1

先に行われたJ2開幕戦を見る限り、
軒並みホーム側が優勢な展開に加え、
昨季の成績がほぼそのまま反映されているかのような結果。
そんな中でも結果を残すべき選手が、
しっかりと仕事を遂行していたように思えます。
甲府のFWダヴィしかり、東京VのFWジョジマールしかり。
そして一番の驚きは草津のMFヘベルチ。
ノーマーク(情報なし)だっただけに、
これ以上ないインパクトを残してくれた良い選手ですね。
G大阪に移籍したFWラフィーニャに
勝るとも劣らない活躍が見込めるかもしれません。

さてJ1開幕予想ですが、注目しておきたいのは
ゼロックス杯とACL初戦を戦っているクラブがあること。
ましてや、柏、F東京においては連戦+遠征帰りと、
置かれている条件の悪さは言うまでもない。
開幕相性の良い大宮、堅実な守備が見込める横浜Mが相手ならば、
両者白星を外してみるのも面白いかも。

相性を挙げるならば、浦和の開幕戦アウェイの相性の悪さが筆頭。
純粋に戦力比較をするならば浦和の勝利としたいところだが、
注目の一戦ペトロビッチ監督の新旧クラブ対決は、
迎え撃つ広島の意地に賭けてみたい。

もはや恒例か、磐田は4年連続で昇格組との対戦となる。
昨季こそ甲府を相手にJ1の洗礼を浴びせることができたが、
その前2戦を負けているのも紛れもない事実。
相性の悪さに加え、今季中枢を担うであろう
主力選手に故障者が出ているのも痛いところで、
実力では劣る札幌が最初くらいは良いところを見せてくれると期待。

同じ昇格組の鳥栖は、
J1初戦と言うこともあり並々ならぬ思いがあることだろう。
今季のリーグにあって、戦力的劣性は明らかだが、
今季唯一の九州クラブとなる地理的アドバンテージと、
相手監督に多くは知られていないであろうチーム戦術。
そして昨季J2得点王のエースFW豊田ブレイクの法則に肖り、
白星発進を実現するのも不可能ではないと見ます。

これらを含め、J2開幕戦に習ってか
圧倒的なホーム側予想になってしまいましたが、
「手堅い予想外」と言った感じで妙に納得もできます。
・・・いや、それはないか^^;


以下、550回の結果です。


toto 550回 結果

  mini toto-A組 的中数 2/5
  mini toto-B組 的中数 3/5



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

550回 予想

toto 550回 予想

mini toto-A組
 水戸  横浜C 0
 東京V 松本  1
 甲府  栃木  1
 岡山  富山  2
 福岡  熊本  0

mini toto-B組
 岐阜  鳥取  0
 千葉  山形  1
 愛媛  町田  1
 湘南  京都  2
 北九州 徳島  1

今季最初のtotoです、気合入れていきましょう。
さて、まずはJ2によるminitotoからのスタート。
フルtotoに向けての予行演習的なものでしょうか。
しかしながら予想するからにはいつでも全力で^^

まず、開幕戦を予想するに当たって、
オフ中の練習試合の結果は必要以上に考慮しないことにします。
これまで、分かる限りの試合結果を元に、
新戦力の連携や仕上り具合を探ってきましたが、
正直あまりアテになった試しがない。
ならば、そんな情報はきっぱり忘れます。
・・・まあ、少しくらいは参考にするとこもあるかも知れませんが^^;

じゃあ、何を元に優劣判断をするか。
それは、昨季をベースとしどれだけ変更が少ないか。
つまり、今現在如何に力を発揮できるかです。
新戦力の融合、新戦術の浸透には時間がかかると考えるならば、
昨季終盤の仕上がっている状態を如何に維持できるか、
なおかつそこに上澄みはあるのかと言う点を優先的に見ていきたい。

と言うことで、投げてしまっている感満載ですが、
今回は細かいことには触れません^^;

代わりにと言ってはなんですが、
練習がてらゼロックス杯も予想をしてみたい。
柏においては、このオフ中に組まれた練習試合は、
ちばぎんカップの一試合のみ。
これが意味するところは、選手の力量は把握済みで、
特別調整の必要はないと考えることが出来る。
ただし、エース候補となるFWロボ等新戦力のことを考えると、
実践でのアピールチャンスが少ないデメリットもあり、
旧戦力中心の手堅い布陣で臨むことは間違いない。

対するF東京は、比較的強豪を相手に試合を熟して調整。
まずまずの結果こそ残してはいますが、
試行錯誤感が見られるなどまだまだと言った感は否めない。
元国見コンビによる2トップの相乗効果にも期待はできるが、
やや物足りなさを感じてしまうのも事実。
今季初戦と言うこともあり手探りからの展開が考えられるが、
本来機動力のある両者なだけに均衡したゲームになると予想し、
ゼロックス杯最少スコアとなる 1-0 で柏が勝利と見る。



テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。