スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

toto 562回 予想

toto 562回 予想

toto
 F東京 清水  0
 名古屋 浦和  1
 大宮  札幌  1
 横浜M 神戸  0
 新潟  仙台  2
 川崎  広島  1
 鹿島  G大阪 1
 C大阪 磐田  1
 横浜C 町田  1
 大分  熊本  1
 柏   鳥栖  1
 水戸  徳島  1
 愛媛  湘南  0

先程終わったばかりの561回、そして次・・・。
うん、満足な時間がありません。

おまけにもう眠いですし・・・。

てな訳で考察は割愛です^^;


以下、561回の結果です。


toto 561回 結果

 mini toto-A組 的中数 2/5
 mini toto-B組 的中数 2/5


スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 561回 予想

toto 561回 予想

mini toto-A組
 山形 栃木  1
 草津 北九州 0
 町田 松本  0
 徳島 甲府  2
 福岡 東京V 1

mini toto-B組
 千葉 富山  0
 湘南 水戸  1
 岐阜 横浜C 2
 京都 大分  1
 熊本 岡山  2

GWの変則日程により、2日連続のtoto。
予想や購入する側にとっては悩ましい限りですね^^

さて、予想についてですが、
意外にも過去に対戦記録がないのが「山形 - 栃木」の一戦。
今季山形のここまでの成績6勝は、
体制を一新したクラブにあっては上出来と言える。
対する栃木にしても攻撃のコアピースが抜けた状況を考えれば、
こちらもまずまずの結果を残しており、お互い調子の良さが伺える。
また、元来守備的なイメージが強い両者ですが、
ここ最近の試合は正にその特徴が発揮されていると言える。
決着が付くとすればホーム山形を、と推したいところだが、
ドローの可能性も捨てきれない一戦です。

同期対決「町田 - 松本」戦は、
5試合勝ちなし対、現在2連勝と状況的には若干の違いが見られる。
が、町田にとっては今が上昇線を描いている途中とみている。
強力攻撃陣を誇る甲府を相手に
セットプレーからの失点のみに抑えたことは評価に値するでしょう。
片や今をピークと読む松本は、そう簡単に3連勝は飾れないと考え、
松本の勝利をまずは外してみたい。

独走態勢を築く湘南は、楽な戦いではないながら、
無難に勝ちきるのではと予想します。

今季公式戦初勝利により最下位を逃れた横浜Cは、
同じく下位に沈む岐阜との対戦。
ただし、試合内容からしても横浜Cはもっと上にいて然るべき。
元々内容に結果が伴っていなかっただけに、
前節の1勝によってクラブの雰囲気が
ガラッと変わるなんてことも予想される。
一気に連勝と言うのも想定範囲内と考えます。


以下、560回の結果です。


toto 560回 結果

  toto 的中数 6/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

560回 予想

toto 560回 予想

toto
 札幌  川崎  2
 磐田  横浜M 1
 神戸  柏   1
 広島  名古屋 0
 鹿島  C大阪 2
 大宮  浦和  2
 仙台  F東京 1
 G大阪 清水  2
 松本  千葉  0
 徳島  福岡  1
 北九州 山形  0
 富山  大分  0
 岡山  鳥取  1

いやはや、川崎の後継監督にまさか風間氏がくるとは。
錚々たる現役時代の経歴を持ち、
指導者としてもそれなりの実績があり、解説者としても人気の高い、
言ってみれば最良の人選の一つのようにも見えます。
ただし、プロを率いるのは初めてのため、やや不安が伴うのも事実。
お手並み拝見と行きましょう。

さて、その川崎は遂に最下位に転落した札幌との対戦。
望月暫定政権に移行してからは攻撃の意識が高まったのか、
得点は増加傾向にある。
攻撃を主とした方が活きる選手が多いだけに、
クラブとしての調子も運も上向きにあると考える。
迎え撃つ札幌は戦力不足が如実に現れているようで、
このまま定位置化してしまいそうな気配を感じます。

絶不調神戸の勝利予想は決して賭けではないと踏んでいる。
FW田代の復調次第では攻撃陣の活性化が見込め、
これまで無得点連敗を続けていた鬱憤が
一気に爆発する可能性を秘める。
まして、対する柏は負け遠征帰りでメンタル面の不安を懸念。
さらに、出場停止の二人の影響はこれ以上ない大ダメージ。
そこに今季のアウェイ負率80%とくれば神戸勝利の可能性は、
それほど低いものではないと思われる。

連勝を飾った鹿島は、その勢いを信じるにはまだ時期尚早。
札幌戦では10人の札幌が相手と言う条件付きの上、
放ったシュートは実に35本。
それでも奪ったゴールは2と決定率は5~6%足らず。
仮に10本のシュートしか撃てなければ、ゴール1にも満たない。
それに対し、アウェイのC大阪は4ゴール快勝と圧巻の勝利。
さらに今季関東で行われたアウェイ戦は3戦3勝とゲンが良い。
よって、C大阪の勝利を基本線と考えたい。

埼玉ダービーはアウェイの浦和有利は間違いないところ。
ナ杯で完敗したとは言え、
主力の温存もあり影響はそれほど大きくはないと考える。
しかし気になる点がないこともない。
浦和に限っては、ここまで得点数が減少傾向にあり、
この負の流れを断ち切れるかどうかが重要。
そして迎え撃つ大宮においては、
未だホーム未勝利と言う昨季同様のパターンに嵌りつつあるが、
ナ杯が一戦休みだった日程的有利な上、
MF東が復帰濃厚なのもこれ以上ない朗報と言えるだろう。
勝利は難しいながらも、ドローは視野に入れておきたい。

上位決戦「仙台 - F東京」は今季の行方を占う上で重要な一戦。
両者地力を発揮しコンスタントに白星を重ねる辺り、
あまり戦力に差はないように考える。
しかし、ACLではその影響こそ感じさせなかったが、
負傷者を抱えるF東京にややマイナス要素を感じるのと共に、
主力を温存して今節を迎える仙台の戦略性に、
ややホームを有利と見てもと考えます。


以下、559回の結果です。


toto 559回 結果

  mini toto-A組 的中数 4/5




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

559回 予想

toto 559回 予想

mini toto-A組
 川崎 仙台  2
 磐田 広島  1
 札幌 鹿島  2
 新潟 神戸  1
 清水 横浜M 1

新監督選定の優劣が決定した感のある川崎、
ただし、望月暫定政権はもう数試合続きそうで、
そんなのんびりと構えていていいのかと言う気にさせてくれます。
また、そんな中にあっては、
到底方向性や一体感等が生まれるはずもなく、
リーグ首位を走る仙台の勢いを止めるのは難しいと考えます。

静岡ダービーに敗れたとは言え、
相変わらず攻撃陣の好調な磐田は白星の期待大。
同じくナビスコ2連勝の鹿島も、
徐々にだが復調の兆しが見えてきたように見える。
杯戦ならではと考え、両者共にナ杯3連勝を基本線と捉えたい。

不調対決の「新潟 - 神戸」戦は、ドローも視野に入れておきたい。
しかし、ホーム側の勝利続きだったtoto11枠で、
難敵相手にアウェイ勝利を実現した新潟のその勢いを買いたい。

水面下では既に時期監督との交渉を進めているらしい横浜M。
巡り合せか、今対戦相手はその監督候補縁の清水。
ただ、現状では残念ながら全てにおいて、
横浜Mが清水を相手に上回る点はないと思える。
よってここのホーム勝利は最も堅いと考えられるでしょう。


以下、558回の結果です。


toto 558回 結果

  toto 的中数 5/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

558回 予想

toto 558回 予想

toto
 柏   仙台  0
 F東京 鹿島  1
 横浜M 大宮  0
 清水  磐田  1
 名古屋 札幌  1
 浦和  神戸  1
 鳥栖  広島  1
 G大阪 川崎  0
 町田  栃木  0
 熊本  松本  1
 C大阪 新潟  1
 山形  富山  0
 京都  東京V 0

次に解任される監督は・・・と考えていた矢先、
川崎の相馬監督解任報道にはびっくり。
現時点では、優秀な監督と呼ぶにはまだ無理がありましたが、
指導者としての成長をこれ以上待てなくなったと言うことでしょうか。
確かにこれまで、2年目としての結果は出せていないし、
数的有利な状況でも勝てず、2年間全勝のクラシコにも敗れ、
直前の今季未勝利の横浜Cとの練習試合でも敗北と、
最近全く良いところがなかったのは事実です。
ですが、解任のタイミングが少し微妙かなと感じました。
この状態で切るのであればもっと早くても、
いや昨季終了時点でもよかったのではと考えてしまいます。
それに、他に解任候補に挙がるクラブも多数ありますしね^^;

何はともあれ、まずは望月コーチが残留指揮とのこと。
後任監督の人選も気になるところですが、
クラブの方向性にあった監督を選ばないと、
更なる迷走を極めることにもなりかねません。
決して戦力不足なわけではないだけに、
向かう方向、選ぶ道を間違えさえしなければ、
今後の浮上はそれほど難しくはないと思いますが。

監督の解任候補と言う意味では、
「横浜M - 大宮」の一戦も興味深い。
不満が募る要因としてはいろいろなパターンがあるものの、
その筆頭に挙がるのはやは得点不足に尽きる。
大量失点をしていたとしても、それを上回る得点を挙げていれば、
それはクラブの特徴として捉えられ、
大きな非難を浴びることは少ない。
しかし、得点機が少なく決定力が低いとなると、
サッカーにおける一番の見どころが欠けると言うことで、
やはり万人に受け入れられることはない。
結果が伴わなければ尚更ですね。

この両者においては現在がまさしくその状況にあり、
とにかくゴールが遠い。
共に良くて1点と言ったこの状況にあって、
引き分けはまず抑えておきたいところだが、
今季既に対戦したナビスコ杯ではホームの大宮が
優勢に進めつつも勝ちを逃した印象とやや有利か。
さらには、横浜Mには負傷者が続出中で、
万全のコンディションで試合に臨める選手ばかりではない。
よって、どちらかに傾けるとしても、横浜Mの勝利はなしとしたい。

好調を維持する静岡ダービー「清水 - 磐田」戦も見どころだろう。
この対戦ホーム側が有利となるケースが多いが、
磐田にとっては、アウェイの場合昨年一昨年と無得点、
その前も大敗と良いところがない点が目に付く。
清水は、対戦相手の非力さに助けられた部分も多いが、
3戦勝連続完封と言う結果は最良と言える。
良いイメージや選手の自信が好転し、
さらに良い結果を期待することも可能でしょう。
しかし、世代交代を進めた代償か、アンダー世代の代表招集により、
ベストな状態ではないのが気がかりなところ。
よって、勝ちきれない展開をも視野に入れておきたい。

首位仙台は調子を取り戻しつつある王者柏と対戦。
今節、中盤の底で潰し役を熟していたDF角田の出場停止が痛いが、
代わるMF松下もプレースタイルは違うながらも、
遜色のない活躍が見込める選手。
前磐田との首位対決では、引き分けを拾った印象が強いが、
ゲームを支配していたのは間違いなく仙台。
大黒柱のMF梁も復活間近となり、今戦は仙台優勢と考える。
しかし、迎え撃つ柏も、前節札幌が相手だったとは言え、
序盤の不甲斐ない駆け引きを除けば圧勝と言うに相応しく、
良いイメージを持って試合に臨むことが出来そう。
前節の首位対決に続く好ゲームが期待できると考えドローと見る。


以下、557回の結果です。


toto 557回 結果

  toto 的中数 7/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

557回 予想

toto 557回 予想

toto
 札幌  柏   2
 仙台  磐田  0
 名古屋 鳥栖  1
 神戸  清水  1
 新潟  横浜M 1
 大宮  C大阪 2
 鹿島  浦和  0
 広島  G大阪 1
 川崎  F東京 1
 富山  草津  1
 東京V 徳島  1
 岡山  松本  1
 愛媛  福岡  0

リーグ上位と下位の勝ち点差が2桁に達し、
もはや34分の何試合などと悠長なことは
言ってられない時期に差し迫ってきました。

そして、G大阪に次いで審判台に立たされたのは、
今季唯一未勝利となる横浜M。
強者が相手であった開幕頃の敗戦は許されるとしても、
不調の鹿島相手に良いところなく引き分け、
昇格組の鳥栖、札幌にも敗れたのは簡単な問題ではない。
次戦は同じく低迷中となる運命の新潟戦が待ちうけるが、
両者共に厳しい状況下にあって、
横浜Mが有利となる情報は特段見当たらない。
よって、これが背水の陣となることは間違いなく、
敗戦の先には壊滅が待っていると言えます。
とは言え、客観的に見ても勝利と予想するのは難しいところです。

首位争いとなる「仙台 - 磐田」戦は、好調対決であり見所の筆頭。
仙台の堅守ぶりは今季も安心して見ていられる程で、
今節はホームでの大一番なだけに好パフォーマンスが期待できる。
対する磐田は、エース前田が連続得点中と絶好調。
それに導かれる様に、攻撃力で勝利をもぎ取っている印象か。
となれば、スタイルは真逆に位置する対決となるだけに、
リーグ序盤を占う上でこの試合は非常に興味深い。
気になるのは、磐田にとってアウェイ戦はどうかと言う点。
渦中にあったG大阪戦を除けば、
今季は開幕で引き分けた札幌戦のみ。
ややホーム寄りだったこれまでの日程を考慮すれば、
運をも味方にするホーム仙台、こちらを有利と見るべきかと。
がしかし、一進一退の攻防を期待する意味でドローと読む。

横浜Mに磐田、今季内部昇格により監督に就任した二人ですが、
これほどまでに命運を分けたのは何だったのでしょうか。
一概に監督としての力量の問題だけではないですが、
開始早々悪循環スパイラルに陥るのは辛いところですね。
その心労たるや想像するだけでも滅入りそうです。

多摩川クラシコは、一年の充電期間を経て復活。
近年はロースコアや引き分けと言った地味な展開にはならず、
大味な勝敗決戦となる面白味のある対戦になる傾向がある。
一昨年の対戦時は、
F東京が降格に繋がる不調の渦にあったためか、
川崎の2勝で終えていますが、
元来こういった対戦はホームが有利となるべき。
また、同戦4連敗中となるF東京にとっては、
雪辱を晴らす意味でも意地を見せたいところだろうが、
ACLで中国遠征帰りと言うのも少し厳しいところ。
その試合による心身の疲労度も気になるところで、
コンディションの低下具合を考慮し、川崎の勝利と予想します。

さて、今週の天気はどうでしょうか。
ここまで天候に恵まれないシーズンも珍しいものですが、
今週末は軒並み良好そうですが、
唯一北陸地域でのみ雪となりそうですね。


以下、556回の結果です。


toto 556回 結果

  mini toto-A組 的中数 3/5




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

556回 予想

toto 556回 予想

mini toto-A組
 仙台 鳥栖 0
 磐田 浦和 1
 広島 川崎 1
 鹿島 大宮 1
 清水 新潟 1

時間不足のため簡単に。
情報はリーグ戦4節の結果はもとより、ナビスコ杯初戦をも考慮。

まず、主力の入れ替えが考えられる筆頭は、
仙台と浦和辺りと考える。
それぞれ相手が好調と言う点も踏まえ、勝利は外しておきたい。

鹿島は新加入FWドゥトラのベンチ入りが濃厚そうだが、
それ以前に今季唯一得点を挙げているナビスコ杯なだけに、
リーグ戦とはまた違った一面に期待です。

新潟は、FWミシェウがどういった状況にあるのかが、
個人的には最重要情報なのですが、
ここは無難に杯戦に強い清水推しで。


以下、555回の結果です。


toto 555回 結果

  toto 的中数 5/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。