スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

toto 568回 予想

toto 568回 予想

toto
 札幌  広島  2
 川崎  仙台  1
 清水  横浜M 1
 磐田  大宮  1
 神戸  鹿島  2
 柏   新潟  1
 F東京 浦和  0
 栃木  東京V 2
 湘南  徳島  2
 熊本  山形  2
 草津  松本  0
 福岡  岡山  1
 大分  千葉  2

5月だからでしょうか、
それとも体調不良だからか、または予想不振だからか、
イマイチ気分が優れません。
モチベーションを上げるスイッチがあるのならば、
是非とも教えて欲しいものです^^

さて、監督が変わりそれぞれ初戦となる神戸と新潟ですが、
こちらはともに相手が悪いか。
監督の交代によりメンタル的なリセットは図れるが、
戦力が変わるわけではない。
また、活かせていなかった部分を有効化することは可能なれど、
そこをピンポイントで刺激するには、
両監督共に自クラブの特徴を知るには至っていない。
よって、残念ながら厳しい初陣が待っていると考えられる。

「F東京 - 浦和」の関東対決は、順位的にも同位置にあり、
上位戦線に残るためにもここは負けられない一戦。
そして共に連勝中と調子も良く、
見応えのある試合が期待できると考えていたが、
直前の練習試合、F東京の惨敗は勢いに水を挿すかの結果。
ただし、代表勢を含む核選手は出場していないでしょうし、
改善点を見つける良い機会にもなったはず。
引きずらない対策も施すと見て、この影響はなしと考えたい。

いつもよりも対象試合数の多いJ2は、毎度予想が難しい。
それでも、下降線の一途を辿りながらも
辛うじて撃沈を堪えている湘南や、
ようやく今季の目指す形が出来始めてきた昇格候補の徳島など、
現状でのチーム力を最大限分析して勝敗を考えたいところだが、
まあ、いつものことで予想通りには行かないのでしょう。


以下、567回の結果です。


toto 567回 結果

 toto 的中数 5/13


スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 567回 予想

toto 567回 予想

toto
 横浜M G大阪 1
 広島  神戸  2
 浦和  清水  1
 仙台  名古屋 1
 C大阪 柏   1
 新潟  磐田  0
 大宮  川崎  1
 鹿島  札幌  1
 F東京 鳥栖  0
 甲府  草津  1
 山形  岐阜  1
 水戸  愛媛  1
 徳島  鳥取  0

もはや予想の仕方を忘れてしまったかの様で、
どこをどう捻っても納得の行く13予想になりません><
しかしまあ、そんな中でも一応は頑張ってみます。

今節のポイントは各選手のコンディション。
中2日となるクラブが多い中、
仙台、新潟の2クラブは1週間の余裕ある日程。
また、ACL組は中3日となるケースもある。
さらには、この過密日程中にあって
アウェイ戦が続くクラブもあるので注意が必要。
ただし、札幌のように帰還せずに、
大宮から鹿島に直接移動するケースもあるので
一概に不利とは言えない。

さて、気分転換と言うこともあり、
いつもとは視点を変えて高配当狙いの試合に注目したい。

まずは「広島 - 神戸」戦。
奇しくもナビスコ杯では各グループ最下位に位置する両者ですが、
劣性側神戸にとっては、
現暫定体制最後の試合である可能性が高いため、
多少複雑な状況にあると言える。
しかし、新体制への最後の実践アピールと考えるならば、
下手なパフォーマンスはまず考え難く、
主力の温存や活きの良いユース選手の活躍など、
発奮材料も豊富なため、推してみたい状況にあると言えます。

次に「新潟 - 磐田」戦。
今季の新潟は、この上なく非力さが顕著に表れており、
勝利するためのハードルは非常に高いと言える。
しかし堅い守りは健在で、勝利を逃すと言う展開も含め、
負けない戦いはそう難しいものではないと考えられる。
休み明けと言う日程ハンデもあり、
堅い試合が期待できるのではと予想します。
片やアウェイ戦続きとなる磐田は、
主力を温存していたとは言え、到底ベストな状態にはなく、
止まない失点や、アウェイ戦でのゲンの悪さも手伝い、
予想率通りに勝率が高いとは思えません。
なので、ここはドロー1本。


以下、566回の結果です。


toto 566回 結果

 mini toto-A組 的中数 0/5




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 566回 予想

toto 566回 予想

mini toto-A組
 川崎  浦和  1
 C大阪 広島  0
 鳥栖  磐田  0
 大宮  札幌  1
 神戸  清水  1

リーグ上位が総足踏みとなった前節の結果や、
毎節ホーム側が勝ち越していたシーズン序盤の形が
最近では崩れはじめているなど、
波乱気味になりつつあるこの5月ですが、
快晴になるであろう16日は手堅く見ておきたい。

分析難しい川崎は、引き分けを外した予想が無難。
対する浦和も、成長途中にある不安定さを見せるため、
ここはハイスコアでの白黒と予想したい。

下降気味にあるC大阪と、アウェイ戦で大勝を続ける広島は、
一見広島を優勢と見たいところだが、
前節横浜M戦の出来の悪さに過剰期待は禁物と考えられる。

鳥栖はナビスコ杯3連勝の磐田が相手なれど、
手堅い試合運びで負けはないと予想。

「大宮 - 札幌」戦は、スコアは開かないと見ながらも、
ホーム大宮の勝利は堅いと考えます。

劣勢な中にある神戸は、
この辺りでまた勝利してくれると踏んでいます。
ただし神戸の型に嵌らない場合、零封負けとも考えますが。

minitotoな上過密日程なので、この辺に留めておきます。


以下、565回の結果です。


toto 565回 結果

 toto 的中数 2/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 565回 予想

toto 565回 予想

toto
 札幌  F東京 2
 磐田  鹿島  0
 鳥栖  大宮  1
 川崎  柏   1
 広島  横浜M 1
 清水  C大阪 1
 浦和  新潟  1
 G大阪 仙台  2
 湘南  大分  2
 京都  徳島  1
 神戸  名古屋 1
 東京V 岡山  1
 熊本  甲府  2

現在、予想不振からくるモチベーション低下中です^^;

さて、F東京はアウェイでも勝率高いことから白星が無難。
昨季J2での対戦では札幌が勝ち越しているがその戦力差は歴然で、
札幌は今季関東勢をホームに迎えた試合は4戦全敗。
F東京の取りこぼしがなければ大丈夫でしょう。

守備に難を残す3試合勝ちなしの磐田と、
2戦連続無得点と得点力不足が再発されてきた鹿島の一戦は、
甲乙付け堅い対照的な対戦とも考えられる。
しかし、失速傾向にある磐田の原因はアウェイ戦の成績不振にあり、
今季ホーム戦は未だ負け無し。
失点を重ねるとともに得点をも重ねていることから、
それなりの期待はできるものと考えます。

ここまでリーグ最少失点を誇る鳥栖も、今季ホームでは負け無し。
ここまで全試合出場のエース豊田の出場停止がマイナス要素だが、
チームの完成度を考えれば、
代わりの選手でも遜色のない仕事を期待できる。
引き分けこそ可能性は残るが、負けはないと考えたい。

まさかの上下位対決となる「G大阪 - 仙台」は、
遂に1敗目を喫した仙台の意地に期待。
G大阪は、監督交代後も中々上向きになれずにいる上、
ベテランDF加地の離脱も少なからず影響すると考えます。
それに対して、FW赤嶺が復活した仙台からは、
連敗できない堅実さと、ポイントで勝ちきる強者としての資質が覗え、
首位に相応しい勝ち試合を期待できると予想します。

久々連敗を喫した名古屋は、野戦病院と化している状況に加え、
最近目にするプレーの質の低さが気になる。
迎え撃つ神戸は監督交代が功を奏しているようで、
悪相性ながらも3連勝を飾るのではと予想。

4試合勝利から遠ざかり首位陥落の湘南はここが堪え時。
攻撃に比重を置いている影響もあり、点が入らないわけではないが、
戦い方を相手に研究されてしまっているのか、
あと一歩と言うところで競り負けている印象が残る。
まずは湘南の勝利を外すとともに、
前節快勝を飾った大分に上昇への期待をしたい一戦です。

最後に、FWダヴィ不在の甲府。
今季のその存在感は圧倒的なものがあり、
攻撃陣が沈黙する危険性も考えられるが、
不調を続ける熊本が相手だけにやはり負けることは考えにくい。
唯一気になる点は、今季初の九州遠征試合。
何もなければ良いのですが。。。


以下、564回の結果です。


toto 564回 結果

 toto 的中数 4/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 564回 予想

toto 564回 予想

toto
 仙台  清水  0
 横浜M 札幌  1
 C大阪 神戸  1
 大宮  G大阪 2
 磐田  浦和  1
 柏   広島  1
 名古屋 川崎  1
 鹿島  鳥栖  1
 新潟  F東京 2
 山形  草津  1
 栃木  福岡  2
 甲府  京都  1
 徳島  熊本  1

休みならではの忙しさ
そして体調不良、
さらには予想不振により、
今節も考察は省略します。

ひとことで言えば、
まあサボりとも言えますね^^;

そんなGW最後の日も
出かける用事があるのですが、
またまた天気は良くない様子。
今季の試合日は雨が多いですが、
今節も影響あるかもしれないですね。


以下、563回の結果です。


toto 563回 結果

 toto 的中数 2/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 563回 予想

toto 563回 予想

toto
 札幌  C大阪 2
 神戸  大宮  2
 川崎  磐田  2
 広島  新潟  1
 鳥栖  仙台  1
 浦和  横浜M 2
 清水  鹿島  2
 草津  千葉  0
 鳥取  富山  0
 岐阜  水戸  2
 横浜C 岡山  1
 徳島  松本  0
 湘南  甲府  2

全く以て、納得の行かない予想になってます。
今季ここまでホーム有利傾向にあることから、
過密日程に入ったところでその傾向が崩れるとは考え難い。
なのにアウェイ予想・・・もうなるようになれと言った感じです^^;

さて、監督解任に踏み切った神戸は、
安達暫定監督の元、即効効果は表れないと考える。
前和田監督政権において、
選手との距離が遠かったかと言うとそんなことはなく、
むしろ選手からも好かれていたそんな監督だったはず。
成績が物足りないと言えばそれまでだが、
一昨季の逆転残留劇、そして昨季のクラブ最高順位達成と、
少なくとも運を持っている監督でした。
後任候補のビッグネームを聞けば、
高みを望むクラブの姿勢と判断に納得もできますが、
神戸一筋の印象強い人物なだけに、
出来ることならクラブにポストを残してあげるのが最良と思えます。

結果こそほろ苦い船出となった風間フロンターレは、
まだまだ期待薄と予想。
守備崩壊の一端とも考える選手の負傷離脱の影響は
そう簡単に改善されるものではなく、
広島にも劣らないであろう磐田の攻撃力を、
勝敗判断の大きな要素として考えたい。
いや、改善自体しないのかも知れませんね^^

首位仙台は最南の地で遂に土付くと予想。
鳥栖は事ホーム戦において異様なまでの奮闘が期待でき、
ここまでの総失点4は仙台のお株を奪うかの様な特筆すべき数字。
1か月前のナビスコ杯では仙台に乗り込み完敗を喫しているものの、
逆にこの敗戦の雪辱を果たす意味でも、
ホーム勝利に期待するのも悪くはないと考えます。

連敗から共に白星に転じた「浦和 - 横浜M」戦は最も難しい。
戦力や状態の違いを考えるならば、
ホームと言うことも影響し浦和を推したいところだが、
横浜Mとって今季初勝利と言う結果が齎す影響は
思う以上に大きなものだと考える。
まして、この対戦相性も非常に良く、
ここから上を目指すには絶好のタイミングにも思えます。
(上昇気流に乗り損ねると・・・)
ここまで脱落していたFWマルキーニョスが出場できそうな点も、
出場した場合の個の戦力以上に、
周りへの良い発奮材料となりプラスに考えることができますしね。


以下、562回の結果です。


toto 562回 結果

 toto 的中数 5/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。