スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

toto 581回 予想

581回 予想

toto
 札幌  名古屋 2
 浦和  磐田  1
 柏   C大阪 1
 川崎  大宮  1
 神戸  G大阪 1
 仙台  鳥栖  1
 鹿島  広島  2
 横浜M 清水  0
 甲府  東京V 1
 福岡  草津  0
 F東京 新潟  1
 町田  京都  2
 愛媛  大分  2

オリンピック初戦スペイン戦勝利万歳!
何よりも結果を重視すべきの初戦ですので、
最高のスタートがきれましたね。
所々物足りなく、決して安心できる試合ではありませんでしたが、
この勝利に酔いしれることなく残り2戦も、頑張って欲しいところです。
しかし、この勝利奇跡と呼ぶにはちと無理がありますか。
相手のスペイン、思ったほど出来が良くはなかったですね。

さて、totoも負けじと予想していきたい。
J1の上位対決と言えば「浦和 - 磐田」戦。
浦和は人員整理を行いよりスリムになったことで、
リーグ戦9試合負けなしで来ている流れに、
安定感を追加することで本物の強さに変えたいところ。
時間をかければかけるほど戦術の浸透が見込める浦和は、
中断期間明けでも期待が出来ますね。

対する磐田は、その敗戦の多くをアウェイ戦で重ねているため、
実にアウェイの負け率は5割を超える。
シーズン序盤に比べ負けも混んできているし、
出来がどちらに転ぶかと言うところだが、
過去の対戦成績からしても引き分けはなしの劣性としたい。

中盤選手の放出が進み、
風間ファミリー総出陣の可能性が高まる川崎は、
相当危ない橋を渡ろうとしているように見えてならない。
こう言った流れを良く思う人は多くはなく、
そんな逆風を吹き飛ばすには唯一結果が求められるもの。
正直あまり期待はしていなく、
むしろ大宮にFWラファエルの後釜として加入する
FWリュビヤンキッチの方に期待をしているくらいだが、
結果が出ないと大変なことになりそうなので、
初戦となる今節は白星としてみた^^

順位以上に一番注目しているのは「神戸 - G大阪」の阪神ダービー。
皆まで言う必要はなしでしょうが、
この両者の監督対決が見所ですね。
中2日と言う疲労ハンデに加え、
未だ復活の気配がないG大阪にとっては、
厳しい一戦になると思われるが、良くも悪くもこの一戦が、
今季の残りを戦う上での重要な一戦になるような気がします。
しかしながら、期待のFWレアンドロも万全ではないですし、
ホームの神戸有利と見て良いのではと考えます。

大混戦を極めるJ2はここで首位攻防戦。
文字通り勝った方が首位に立つと言う状況ですが、
ここまで実に8節連続で首位が入れ替わるこの展開は、
いったい誰が予想できたでしょうか。
そして今節もこの特異な流れに従うのならば、
ここは甲府の勝利しか有り得ません。
両者J2では頭一つ抜けているような戦力高いクラブですので、
見応えのある好ゲームが期待できそうですね。

天候は梅雨も明けて、全国的に良好な週末になりそうですね。
その代わり暑さが厳しさを増すため、
サッカーをするには決して最良とは言えない環境かも知れません。
そんな試合を観戦に行く方も、行楽にお出かけの方も、
早め早めの水分補給に気を付けましょう。


以下、結果です。


580回 結果

 totoGOAL3 的中数 3/6


スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 580回 予想

580回 予想

totoGOAL3
 鹿島  1
 C大阪 0
 清水  1
 名古屋 1
 G大阪 1
 柏   3

ナビスコ杯決勝ステージが対象となる今totoGOAL。
U-23代表選手が抜けるだけでは足らず、
各クラブ主力クラスの出場停止、負傷離脱、
そして選手の途中移籍により、
戦力が一変しそうなクラブばかりが並びました。

直前には、21日には復興支援マッチが開催されたため、
それに出場している選手もいますが、そこはこの際無視!
そして、リーグ戦を週末に控えるため
ナビスコ杯軽視の可能性も通常ならば考えられるところだが、
消極的な戦術こそあれど、
選手起用に関してはベストメンバーが基本線ではないかと考える。

さて、ベストメンバーでのパフォーマンスを考えたとしても、
上から4クラブから感じられる得点の匂いは薄い。

1得点がお決まりとも言える鹿島に、
中盤がごっそり抜けてしまい
新戦力に期待をせざるを得ないC大阪。
14日に直接対戦していることも考えれば、
同最少スコアでの勝敗決着がやはり無難なところ。

無得点か大量得点かと気難しい清水も、
抜ける選手のやり繰りに終始しそう。
対する名古屋も、攻撃の重要なピースを欠いた状況で、
マルチ得点はまずないと考えたい。

唯一、「G大阪 - 柏」戦は大量得点で楽しませてくれるか。
約一か月前の対戦でもハイスコアを叩き出しており、
攻撃的な両者の対決ではともに無得点はまずないと考える。
G大阪にとっては、FWレアンドロににかかる期待は大きく、
頼ってしまう展開となってしまうかもしれないが、
そのコンディションに不安が見えるのも事実。
再び体制の一新に着手する可能性が噂される中、
残念ではあるが柏の勝利は鉄板と考えられるでしょう。
しかしながら、結果がどうであれ、
週末の対神戸戦は現体制のまま迎えてもらいたいものです。


以下、結果です。


579回 結果

 mini toto-A組 的中数 2/5
 mini toto-B組 的中数 1/5




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 579回 予想

579回 予想

mini toto-A組
 水戸  福岡  1
 横浜C 鳥取  1
 松本  岡山  0
 富山  栃木  0
 大分  岐阜  1

mini toto-B組
 東京V 熊本  2
 湘南  山形  1
 徳島  北九州 1
 千葉  甲府  0
 京都  愛媛  1

いよいよ 7/20。

そうです、新規獲得選手が登録され、
試合出場が可能になる日ですね。

連携や戦術の浸透不足が考えられるため、
使う使わないは別としても、
大きく戦力が変わったクラブも見受けられますね。

それはJ2においてもゼロではなく、
特にJ1昇格を狙うクラブが、
更なる戦力アップを図っているようにも見てとれる。

中でも期待したいのは、
途中移籍にしては十分な準備期間の上、
満を持しての登場となる熊本のFW北嶋。
熊本を統括する恩師の期待に応えるべく馳せ参じたストライカーが、
低迷するクラブでどれだけ活躍できるかはもちろん、
周囲に与える相乗効果で
クラブ全体が生き返る可能性に期待します。

もう一人は、やはり千葉のFWリカルド・ロボ。
柏ではチームにフィットすることができずに
不遇を味わうこととなったが、
J2レベルであれば、仮に連携不足であっても、
その実力が通用するのは実証済み。
再び自らの価値を上げる再出発を果たし、
首位に立つ千葉をこのままJ1に昇格されられるか。

そんな両者の対戦相手は、FW杉本の抜けた東京Vに、
MFフェルナンジーニョが加わる甲府と、こちらも話題性は十分。
それぞれ戦力も高く、昇格を争うライバルクラブなだけに、
容易く勝たせてはもらえないはずです。
好勝負の末に引き分けと言う線もあり得る。

最後に、本番直前となっているU-23の五輪代表について。
厳しい意見飛び交う世論同様、私も期待はしていません。
テレビ中継もちょい遅めの時間帯ですし、おそらく観ないでしょう。
ただ、単なる消化試合にはして欲しくありません。
願わくは若き才能ある選手達にとって、唯一無二の経験と
世界への最高のアピールに成らんことを期待しています。


以下、結果です。


578回 結果

 toto 的中数 7/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 578回 予想

578回 予想

toto
 大宮  神戸  0
 新潟  浦和  2
 名古屋 仙台  0
 G大阪 横浜M 2
 広島  川崎  1
 磐田  札幌  1
 C大阪 鹿島  0
 鳥栖  F東京 0
 栃木  町田  1
 大分  湘南  0
 清水  柏   2
 横浜C 千葉  1
 甲府  松本  0

悪天候の影響もあってか、
ホーム側が奮わなかった前節同様、
14日も天気は全国的に雨模様。
九州では災害級の大雨となるなど、
2試合が九州での開催となる今節も、
すんなり終わるとは思えない。

荒れた結果になると予想する時点で既に大賭けとなるが、
ならば限界まで引き分けを考えてみようと、
強気に今季最高タイとなる6試合を引き分けとしてみた。
大当たりか大外れのどちらか・・・覚悟はできてます^^

首位仙台は、難しいアウェイ戦と考えているのか、
守備的な布陣が予想されている。
それだけでもドロー率は相当なものだが、
名古屋で最も好調のFW永井も連戦の疲労具合が気になるため、
大きな勝敗は付かないのではと考えます。

「大宮 - 神戸」「C大阪 - 鹿島」は、
それぞれが12位から15位の下位に位置しており、
3弱に比べれば頭一つ差はあるものの、
それでもいち早く中位まで抜け出したいところ。
しかしながら、得点力は低くロースコアが予想されるために、
ドローは視野に入れておきたいところ。

「鳥栖 - F東京」戦は、
互いにホームでこそ本領を発揮すると見て、
F東京の勝利は真っ先に外したい。
また、連日の大雨の影響も懸念される対戦である。

同じく九州決戦のJ2首位大分と4位まで落ちた湘南の一戦は、
屋根付きドームスタジアムのため
天候の影響はないかも知れないが、
初首位に立った堅い戦いが予想される大分と、
もはや引き分けが先行しそうな勢いの
勝ちきれない湘南であるが故、
引き分けを外すわけにはいかないか。

最強の攻撃陣も鳴りを潜めそうな甲府は、
良くも悪くも自分たちの出来次第。
攻撃が噛み合い、
FW陣が得点を挙げるならば勝利は堅いところだが・・・。

気が付けば、今週末は3連休。
大雨に気を付けるのはもちろんですが、
気温も上がってきて夏本番の30度超えの様相、
暑さ対策もしっかりしなきゃですね。


以下、結果です。


577回 結果

 toto 的中数 7/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 577回 予想

577回 予想

toto
 清水  川崎  1
 鹿島  大宮  1
 柏   名古屋 1
 横浜M C大阪 1
 神戸  仙台  2
 浦和  鳥栖  1
 F東京 G大阪 1
 広島  磐田  1
 水戸  湘南  2
 福岡  徳島  1
 札幌  新潟  0
 町田  甲府  2
 岡山  横浜C 2

溢れんばかりの悩みを処理しきれるはずもなく、
またこの境遇を楽しもうなどと言う境地に達することもなく、
日々悪戦苦闘の毎日を送っています。
が、「慣れ」と言う意味で、
僅かながら楽に感じるようにもなった気がします^^

さて、本格予想は意外と壁が高いので、
考察がてら今熱いクラブについて少しだけのつもりで。

西野イズムが浸透してきたのか公式戦4連勝中の神戸は、
首位仙台を迎える難しい一戦。
争点は勢いでこの難敵を圧倒できるかどうか。
チーム得点王FW小川の出場は微妙なところだが、
今に至っては全国区、いや世界的に注目を浴びている
FW都倉に期待がかかる。
強靭なフィジカルが武器なだけに、
センターフォワードとしての素質は申し分ない。
MF橋本が復帰間近なのも心強いですね。

とここまで神戸贔屓に記事ってますが、
アウェイながら首位仙台に死角は少ない。
出場停止を挟む4試合連続ゴール中のFWウイルソンを筆頭に、
ほぼベストな状態を維持している点、
無難な勝利を予想するに値します。

負の連鎖を続けるG大阪も、ある意味ホットな状態と言える。
こちらは、一試合の重みが他クラブとは比較にならないと言え、
試合毎その動向から目が離せない。
今節も、MF遠藤の出場は、DF中澤の代わりは、GK藤ヶ谷は、
そして体制は継続か一新かと見所満載です^^

対するF東京も怪我人が多く良好とは言えない状態だが、
少なくとも指揮官掌握のもと一体感が感じられる。
ドローと言う線も考えられるがやはりF東京寄りで。

底対決の「札幌 - 新潟」戦は何故に引き分けにしたのだろう。
札幌の勝利はないと考えるが、
あとは13試合の予想による調整の様にも・・・。

毎年中だるみの季節があるのか、
この時期はホーム側が思う様に結果を残せない期間がある。
その期間が昨季は6月~7月であり、
今季は日程が予定通り進んでいるため少し早く5月~6月に当たる。
この法則に当てはめると、
7月はホーム側の圧倒的な勝利月間となるはずなのだ。

さあ、個々の試合はともかく、
全体的な傾向だけでも的を得ていないと、
再び落ち込みそうな今日ですが、いったいどうなることやらです。
明日の天気が雨予報なのもいい気はしませんね。


以下、結果です。


576回 結果

 toto 的中数 7/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。