スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

toto 614回 予想

614回 予想

toto
 清 水  広 島  2
 C大阪  仙 台  1
 大 宮  鹿 島  1
 川 崎  甲 府  1
 名古屋  湘 南  1
 磐 田  鳥 栖  1
  柏   大 分  1
 新 潟  浦 和  0
 横浜M  F東京  0
 山 形  横浜C  0
 栃 木  群 馬  0
 松 本  神 戸  2
 福 岡  水 戸  0

こちらの桜は今週が満開でした。
先週はまだ花びらも疎らで、気温も肌寒く、
とても花見に向いている週末ではなかったのです。
もうこの辺りからも予想のダメダメさが伺えます^^;

さて、通常であれば今日金曜日にアップのはずですが、
思うように予想が進んでいません。
これでも年度末は忙しいのです。
そして眠い。
と言うことで、3月にして早速ですが手抜きです。

ACL組はここ2週間試合をしておらず、
また、川崎と新潟も先のナビスコ杯はお休み。
いずれも、試合感を忘れず十分に休養が取れる、
理想に近い日程と思われるため、
非常に有利な状況の下試合に臨めると考えます。

そして多くの方が気にするのは、磐田のエースの出来でしょう。
もしもあのジンクスが本当に影響を及ぼすものならば、
今節の鳥栖にはなんとか凌いでもらって、
次の浦和戦でゴールを決めてもらうと展開として面白くなりそう。
いや、今季万全の体制を誇る浦和でこそ、
その信憑性がはっきりするかと思うからこそです。
しかしながら、現実を見てみると、
その先の4/13辺りが一番怪しいのではないかとも思ってしまいます。


以下、結果です。


613回 結果

 toto 的中数 2/13


スポンサーサイト


テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 613回 予想

613回 予想

toto
 磐 田  清 水  0
 大 分  C大阪  0
 湘 南  大 宮  1
 鹿 島  F東京  1
 鳥 栖  名古屋  1
 甲 府  横浜M  0
 松 本  長 崎  1
 富 山  京 都  2
 鳥 取  栃 木  0
 北九州  山 形  1
 岐 阜  徳 島  0
 横浜C  岡 山  0
 G大阪  千 葉  0

またまたtotoの1等は出ませんでした。
しかし、キャリーオーバーの増加額が少ないのを見ると、
totoの人気もかなり落ちてきたなと寂しく思います。

さて、ナビスコ杯初戦は、
案の定主力を温存してきたクラブが半数以上に上りました。
週中開催の過密日程を考えれば、正しい選択でもあり、
パフォーマンスの良し悪しを考えるならば、
決して温存と言う言葉が適当とは言えません。
しかし、そういったクラブの試合結果が、
引き分けに寄ってしまっていることも事実、
試合の魅力としてはやはり低いものになってしまいますね。

ですが、次は週末開催。
しかも次戦は1週間後と通常日程になるため、
基本的には主力戦になると考えます。
ただ物は考え様で、調子の上がらないクラブにとっては、
新戦力のテスト、連携の強化、戦術の試行、
コンディション調整など、失敗してもダメージの少ないこの試合で、
行ってくる可能性はゼロではありません。

一見、ナビスコ杯は主力が抜け、さらに戦力を温存することから、
勝敗が付きにくいと見れる部分もありますが、
実際にはあまりそんなことはありません。
それが、今季初戦は6試合中4試合が引き分け、
さらに今季ここまでの4試合を見ていくと、
異常な程引き分けの傾向が強くなっています。
毎年、優勝争い、昇格争い等が縺れることからも、
各クラブの戦力が均衡してきていることの表れと言えます。
だからと言うわけではないですが、
少しゼロ予想を多くしてみました。

ようやく初勝利を手にした磐田は、
ここから調子を上げていきたいところだが、
キープレーヤーを欠いた大宮が相手だっただけに、
そう簡単に上昇ムードとは行かないと思われる。
未だ未勝利と同じく低迷中の清水が相手だが、
伝統の静岡ダービー戦とあって、両者手堅い出だしから、
失点を避けるような展開になると予想し、
ロースコアドローが妥当ではないかと考えます。

ここまで負けなしのC大阪は、充実した状態にありますが、
ホームで意地を見せたい大分の粘りに手を焼くと考えます。
総じて優勢に進めながらも勝ちきれない、
そんなもどかしいゲームになるのではないでしょうか。

唯一の4連勝を飾っている横浜Mも、
ここまで絶好調のエース不在の影響は少なからずあると思います。
また、ベテラン勢の多い横浜Mには連戦は堪えるものでしょう。
甲府にとってもホームでリーグ首位を叩いたとあれば
今後の指揮もあがるでしょうし、
逆襲の狼煙を上げるには絶好の機会と捉えていることでしょう。
ですが白星までは出来すぎな感じも否めなく、やはりドローと予想。

J2勢、「岐阜 - 徳島」「横浜C - 岡山」戦も、
それぞれ攻撃力に欠ける対戦となるため、
ハイスコアになることは考えにくい。
よって、ともに引き分けを一番に考えておきたいところです。

さあ、季節は春、多くの地域で桜も見頃になってることでしょう。
日々蓄積された疲れや、気持ちを癒すためにも、
散歩などに出かけ心身の保養に努めるのも良いですね^^


以下、結果です。


612回 結果

 toto 的中数 3/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 612回 予想

612回 予想

toto
 清 水  甲 府  1
 新 潟  大 分  0
 F東京  鳥 栖  0
 大 宮  磐 田  0
 名古屋  C大阪  1
 横浜M  川 崎  0
 山 形  栃 木  0
 京 都  神 戸  2
 熊 本  G大阪  1
 札 幌  松 本  0
 徳 島  福 岡  2
 岡 山  水 戸  1
 北九州  東京V  0

さあ、今度はナビスコ杯。
久々にグランパスも予選からの戦いになるわけですが、
これまでになく主力選手が揃って残っています。

前節甲府戦では、
まさに勝ち星を拾ったと言える展開そのものですが、
こういう勝ち点が後々響いてくるのは間違いないもの。
まして勝ち方がどうであれ、
シーズン初勝利はとにかく早いに越したことはない。
心身ともに余計な重圧から解放されるとともに、
プレーに幅が生まれる可能性があるからです・・・一般的に。

ですが、どうでしょう。
今のグラがナビスコ杯をどう位置付けているか微妙なところですが、
(表向きはベストを尽くすと言うでしょうが・・・)
甲府戦から考える限り、たった一勝得ただけで、
好転出来る状況にあるとは到底思えません。
それほどまでに、今後どうしたいのかが見えないように思います。

それならばと、いっそベストメンバー規定ギリギリに、
若手を試してみてもいいんではないでしょうか。
そう、ナビスコ杯は獲れなくても(獲らなくても)、
きっとグラサポは大目に見てくれると思います。
それよりは、この機会をリーグ戦に繋げるための
改良の場にしてもらいたい。
ついているのかついていないのか、
特にCBには故障者が続いています。
まずは、ここから若返りを図っても面白いと思いますが。
他クラブが羨むような高さに加え、
速さをも兼ね備えるそんな守備陣が構築される可能性があるならば、
是非とも実現させて欲しいと願うばかりです。

さてさて、予想ですが、
ナビスコ杯ならではの選手入れ替えが
どれほど行われるのかが未だ分かりません。
これ云々により大きく予想が覆る可能性があるのですが、
注目度低めのナ杯となるとどうにも情報収集には限界がありますね。

なので、いっそJ2に注目してみたい^^

唯一の3連勝神戸は、未だ傷一つない最高のスタートと言える。
しかし、今節はこれまでとは比べものにならない強敵京都が相手。
主導権を握れるかどうかも含めて、
本当の力が試される一戦になると考えます。
ですが、京都の調子がいまひとつ上がらないのも事実。
現時点では、神戸が力勝ちするのではと予想します。

G大阪は、未だ1勝とかなり苦戦している様子。
しかし、勝ちを逃していると言うよりは、
むしろ互角の戦いを演じていると言える。
J1とは異なる戦い方が必要なJ2において、
未だその順応が間に合っていないようにも思えます。
志向する攻撃的スタイルが思うように通用していない今、
戦力ダウンが避けられない今節は、
少々不利な立場と考えてもおかしくはない。

因縁対決ともなりそうな「北九州 - 東京V」戦も見物か。
当初の筋書とは大きく異なっていそうなのが東京Vだが、
元北九州組が多い中、
アウェイとは言えこれに負けるわけにはいかないだろう。
かたや、北九州としても、
残された者としては一泡吹かせたいところ。
とは言っても、そもそも大多数の新加入組にとっては、
あまりどうでもいいことかも知れませんがね。
とにかく、メンタルが影響する一戦であることは間違いありません。


以下、結果です。


611回 結果

 toto 的中数 6/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 611回 予想

611回 予想

toto
 仙 台   柏   2
 横浜M  磐 田  1
 鳥 栖  川 崎  1
 大 宮  新 潟  1
 C大阪  F東京  0
 大 分  浦 和  0
 湘 南  清 水  1
 甲 府  名古屋  2
 広 島  鹿 島  2
 松 本  熊 本  0
 福 岡  京 都  2
 山 形  長 崎  1
 栃 木  千 葉  1

キャリーオーバーが発生しているのを考えると、
無難な予想をして当てに行くのがセオリーと考えるが、
そう思い通りに当たらないのがtotoの難しいところです^^;

さて、明暗はっきり分かれてきたACLですが、
ここまでは選手補強の影響が大きく表れていると言えます。
昨季Jリーグ王者広島は、主力選手の故障により、
最も危惧されていたこの選手層の問題が深刻に。
2戦終わっただけにあって、早速後のない状況に陥っています。
これまでもこれからも、
手を抜いていると言うことはないと信じたいですが、
もはやリーグ戦に注力すべしなどの噂すら聞こえてくるほど。
クラブ状況を考えれば已む無しとの見方もありますが、
この泥沼、まだまだ簡単には収まらないと考えます。

今節の対戦相手は強力な攻撃陣を要する鹿島。
前節2得点のダヴィが怪我により万全ではない点が気がかりだが、
出場自体は問題ないと思いますし、
出るなら出るで仕事は全うするであろうと見ています。
となれば、ほぼ100%に近い鹿島を
相手にしなければならないわけだが、
中国遠征から中3日の過酷さにあって、
思うような選手構成も叶わない現状から、
昨今迎撃戦に連勝している好相性にあっても、
赤の勝敗決着が最も有力と考えられます。

ACL勢同士の対決となる「仙台 - 柏」は、
一般投票率に反し、圧倒的柏有利と考えます。
舵取り役が不在の状況にあって、
満足行かない戦いを続ける仙台よりも、
順応、修正力に強さを見せる柏に期待します。

ここまでの2戦勝ち星こそないが、
昇格組の3クラブも内容自体は悪くないと見ています。
今季一身に注目を集める浦和も、
格下相手にそろそろポカしそうな気がしますし、
敵地に乗り込む清水も状態は決して良いとは言えません。

J2では千葉の投票率が圧倒していますが、
前節快勝したといっても対戦相手によるところが大きいと言える。
早くも両者対戦を終えた札幌戦を見比べれば、
統率された守備網の前に千葉の攻撃陣は沈黙している。
栃木にしてみれば、しっかりとした守備からチャンスを伺う
札幌戦同様の戦い方を実践できれば、
勝機は高いのではないかと考えます。
千葉は元来アウェイ戦に弱いものですしね^^;

さあ、来週からは週中totoも始まります。
時間的制約により、
手抜きせざるを得ない可能性大と心配尽きませんが、
この忙しさもtotoの宿命と思い楽しんでいきましょう^^


以下、結果です。


610回 結果

 toto 的中数 7/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 610回 予想

610回 予想

toto
 新 潟  広 島  2
 鹿 島  仙 台  1
 F東京   柏   2
 甲 府  C大阪  1
 清 水  横浜M  0
 湘 南  鳥 栖  1
 川 崎  大 分  0
 磐 田  大 宮  2
 浦 和  名古屋  1
 群 馬  鳥 取  2
 岡 山  北九州  1
 水 戸  富 山  1
 愛 媛  松 本  0

才能ある選手と言うものは、
早かれ遅かれ必ず輝くときがあるものです。
開幕戦では、今シーズンそして今後、
大成するであろう選手の輝きが見れたのとともに、
輝きの鈍ってしまった選手までもが何気に目についてしまいました。
同じレベルを維持するだけでも、本当に難しいものなのですね。

さて、開幕戦を白星で飾ったクラブは5クラブ。
今節直接対決が1試合あることから、
連勝を飾れるのは最大で4クラブとなるのですが、
毎度大乱戦となるJリーグ、
残る無敗クラブはその半数あれば良いほうでしょう。

横浜Mは、これまでにない破壊的な印象を受けますが、
持ち味であるはずの強固な守備網に穴が多いようにも見えます。
これでは、好不調の波に影響されやすく、
勝ち続けるのは厳しくなるでしょう。
C大阪は完成型にはまだ程遠い印象。
昇格組の甲府が対戦相手とは言え、新潟以上の強敵と考えます。
柏、浦和は、現時点では最も力のある2クラブと見ています。
補強選手を加えながらも継続性が見てとれるため、
両者タレント揃いが対戦相手ですが、ここでの勝算は高いと考えます。

注目が集まる「磐田 - 大宮」の一戦は、
FW前田にゴールを決めてもらい、
ジンクス勝負を見てみたいと言う声が多いことでしょうが、
前田の初ゴールは相手を吟味するかの様に例年遅いのが常。
大宮としては、あまり意識せずに
基本通り守っていれば十分かと考えます。
むしろ、磐田の攻撃陣として怖いのは
開幕戦でもゴールを挙げたMF山田の方でしょう。
勝利を考えた場合、パサーとしてもフィニッシャーとしても、
ここを抑える方が重要と言えます。
ただ、開幕戦での大宮は、2点リードしていなからも
勝ちきれなかった守備の甘さが最も気になるところだったりします。
既に残留争いのつもりで、気の入ったプレーを期待したいです。

一気に春らしくなってきた今週、
ところによってはまだ雪予報の地域もありますが、
土日の試合に関してはそれほど影響はないかと思われます。
ですが、お出かけの際には黄砂やPM2.5にもご注意を^^;


以下、結果です。


609回 結果

 toto 的中数 3/13




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

toto 609回 予想

609回 予想

toto
 仙 台  甲 府  1
 横浜M  湘 南  0
 名古屋  磐 田  0
 広 島  浦 和  1
 鳥 栖  鹿 島  2
 C大阪  新 潟  1
 大 宮  清 水  1
 大 分  F東京  2
  柏   川 崎  2
 徳 島  神 戸  1
 岐 阜  横浜C  1
 北九州  富 山  0
 熊 本  鳥 取  1

さあ、totoも始まり迎えます。
きっと今年も忙しく、悲鳴を上げることもあるかと思いますが、
終わったときに楽しいものであればいいなと心底思います。

この開幕戦を迎えるにあたっては、
戦力の増減やプレシーズンマッチの成績、
キャンプの仕上り具合等々、いろいろ考慮するものですが、
そんな単純な展開になった試しがないのも事実。
必ずと言って良いほど、
予想外の強さ(または弱さ)を見せるクラブがいるものです。

ですが、絶対的な参考情報となるのが、
ゼロックスカップの一戦と一足早く始まったACLの試合。
特に比較的近場とは言え、
ACLアウェー戦帰りの2クラブにとっては、
決して楽な日程ではないところでしょう。
実践慣れのしていないこの序盤、すでにゲームを熟している点を、
有利と捉えるか、連戦の不利と捉えるかが争点になりますが、
開幕に合わせて、コンディションを
どこまで上げていたかにもよります。
現状ではあまりあれこれ考えなくても
良いのかなと言うのが個人的見解です。

また、近年の開幕戦のホーム勝率を比べてみると、
半数前後をホーム側が勝利し、
残りを0と2で分け合うと言う無難な開幕結果が目立つ。
もちろん例外のシーズンもあるが、
こういう結果に予想を近づけて行くのも面白いものです。

肝心の天気ですが、一部悪天候の地域もあるようですが、
totoの開催地を見る限り、雨雪に降られるところはなさそう。
やや風の強いところがあるかも知れませんが・・・。
まあ波乱の少ない、無難な開幕戦になると予想しておきます。




テーマ : toto - ジャンル : ギャンブル

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。