スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G大阪の補強

天皇杯を初制覇し、狭かったACLへの出場権を手にしたG大阪ですが、
バレー放出による贅沢な資金を利用して大型補強を敢行しています。

まずはFW。神戸からスピード豊かなレアンドロと、
韓国から現代表のチョ・ジェジンを獲得。
昨年バレー移籍により攻撃力が激減し、
勝てなくなったことは言うまでもありません。

そんな中、怪我から復帰し再び存在感を増してきた播戸や
成長著しい山崎ら日本人選手が活躍し、
見事CWC3位、そして天皇杯優勝を手にしました。
そのFW陣に、新たに計算のできる強力な2人が加わることで、
クラブ内競争も激化するでしょうし、
うまくかみ合えば相当怖い存在となりそうです。

そしてDFには、清水から日本代表の高木と、
またまた韓国から元代表の朴東赫を。
今期のセンターバックは山口と中沢の2人がフル稼働だったことから、
ピンポイントでの良い補強となることでしょう。

特別補強の無いMFは、
実力者揃いのため補強の必要はないのでしょう。
そのバックアップが必要なのは、昨年実証されてますが。
また、最強ユースからも複数昇格させているので、
しっかり将来も見据えているようです。

そんな完璧に近いG大阪ですが、うまくいかないことも多々。
レギュラーとして獲得する分には問題ないようですが、
候補としての獲得は少々難しい様子。
昨年の千葉から獲得し京都に移籍した水本にしても、
大分から期限付き移籍中で千葉に同移籍の福元にしても、
出場機会がなければ選手としては移籍したいと考えるでしょう。

今オフ獲得を狙っていた、鳥栖のエースFW藤田も大宮を選択し、
仙台のMF梁勇基も獲得濃厚状態から残留の様子。
ビッグクラブへの移籍は魅力的ですが、
ポジション争いに破れては、
1選手としての成長に影響しかねません。

まあ、それもビッグクラブの宿命なんでしょう。
そんなこんなで、
今期のG大阪もまた優勝候補から外せない存在となりそうです。



テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。