スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010展望(J2編)

前回に続き、こちらがJ2順位予想。
 1.柏 2.千葉 3.札幌

まずは柏、千葉の千葉県勢。
今季のJ2においてこの2クラブは別格で、
1年でのJ1復帰が正に史上命題と言えます。

J2所属クラブが1クラブ増え19クラブになったのに合わせ、
3回総当たり51試合から、2回総当たり36試合に減少。
今季の柏は、その試合数とJ2のレベルに合わせたかの様に、
選手のスリム化が目立ちます。
しかしそれでも戦力はトップクラスで、
ネルシーニョ監督続投の今季はJ2昇格の筆頭と言っても良い。

期待すべき新戦力は、MFレアンドロ。
攻撃的で、FWとしてもプレー可能とマルチな選手で、
エースとして君臨するFWフランサとの連携に期待が持てます。

続く千葉は、降格したクラブを立て直そうと、
出て行った選手の復帰組が多いことが特筆されます。
昨季終盤から江尻監督が指揮を執り、
オシムサッカー回帰が注目されていますが、
それを実践する意味でもその戦術を良く知る選手達の復帰は、
これ以上なく頼もしい事でしょう。
昨季はなかなか白星を挙げることができなかった江尻監督ですが、
今年こそは男を見せることができるのではと思ってます。

札幌は、スポンサー料減少などにより、
戦力ダウンは免れませんでしたが、
石崎監督2年目となる今季は、
その戦術浸透による躍進が期待できます。
ただし、ボランチの組み合わせが満足のいくレベルになく、
起用選手が一本化出来ないと言う問題が。
攻守を活かすも殺すもボランチの出来次第と考えれば、
リーグ戦が始まっても試しているような事があれば、
期待はできませんね。

この他に、FW大黒要する横浜Cと、
昨年惜しくも昇格を逃した甲府辺りが、
戦力的に上位争い可能かと思いますが、
移籍選手も多くその連携不足と、
何より監督交代による影響がマイナス材料となります。

そして、個人的に期待しているクラブがいくつか。
昨季大補強により、それまでの連続最下位から、
一気に上位に顔を出すまでに成長した徳島は、
夏場の大失速がなければ
もう少し変わった新シーズンが待っていたかも知れません。
多少若返ったであろう今季は、その辺りの対策を期待したいです。

イオニコスFCからFW福田が加入する愛媛と、
慶南FCからMF戸田が加わる草津も、
どんなプレーを見せてくれるのか少し楽しみです。
・・・そうです、ベテラン選手にはあまあまなんです^^
ベンチ要因ではなくピッチで成長した姿を見せてくれるといいですね。

さあ、次回からはいよいよtoto予想をしていきます。
ACLやゼロックス杯の結果を加味して予想していきたいですね。



テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。