スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピースの融合 J1

ピースの融合 J1

久々の更新になりました。
どうぞ今シーズンもよろしくお願いします。

既にキャンプも始まっているこの時期にあって、
まだまだ選手の移籍情報が飛び交っているため、
暫定的な戦力予想になりますが、
今季は以下のクラブを優勢と考えます。

まず筆頭はやはり浦和でしょう。
他クラブが羨むような複数の主力級選手の補強に成功し、
元々居る膨大な戦力と合わせることで、
JリーグとACLの両制覇に挑む。
敷いて挙げるならば、生粋の点取り屋と言う
インパクトのあるもう一駒が欲しいところだが、
ハイレベルな補強を実現しているだけに、
融合の心配も少なく必ずしも必要とも限らないか。
仮に彼らが十分に戦力を発揮できなかったとしても、
昨季ベースだけで良い戦いが出来るのは間違いないので、
最低限の戦績は安泰と言ったところではないでしょうか。
また、ターンオーバー制を検討していることから、
その戦力も分散されてしまうため、
共倒れの危険性も隠れていそうですが、
それをしても余りある戦力、大崩れはないと思います。

セレーゾ監督が復帰する鹿島も、今季は期待大。
J1唯一の監督が交代したクラブですが、
ベテラン選手の特徴は熟知済み。
むしろ、再生効果に期待ができるため、
新旧融合が図られれば即結果を残すことも難しくはない。
何よりFWダヴィの加入はやはり大きい。
抜けた興梠に代わるFWとしては不足なしと言え、
鹿島のスタイルにも高い確率でマッチするものと思えます。

そして、もう1つを挙げるならば仙台に期待。
上記2クラブに比べれば少し地味な補強ですが、
なかなか有効、有望な選考をしているように思えます。
守備やサイドと言った層を厚くしたいポジションを重視し、
マルチな選手達と言うのも心強いポイント。
しかしながら、それでも初ACLを含むハードスケジュールを
熟す上では、やや戦力不足感があるのは事実。
二兎と追うことは難しいと思われるが、
早々に一方に絞ることが出来るならば、
それなりの結果を望めるのではと考えます。




テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。