スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラ―の浸透 J2

カラ―の浸透 J2

先の川崎、甲府にも負けず、チームカラーが変わるクラブもある。

J2にあって外国人監督の招聘を行った福岡は、どう転ぶのか。
プシュニク監督は、スロベニアやイランのクラブでの指揮が多く、
万人が知る著名な監督ではないが、
空くことなく複数のクラブを歴任している点で、
監督としての経験や実績は十分と言える。
気になる点としては、比較的短い指揮も少なくはない点か。
成績云々は正直良く分からないので、
どういう理由で多クラブを渡り歩いたのかは気になるところです。
また、外国人監督に多い参謀の入閣も無いようですね。
監督自身が、日本の文化やサッカーに馴染めるのかどうか、
そして思考する色に選手達が染まれるかどうか、
こればかりは始まってみないと分かりません。

今季スローガンに「一新」を掲げる北九州も難しい状況。
望まずして一新せざるをえなかったのを考えれば仕方ことだが、
19選手もの新加入は正にチームを一から創り上げるようなもの。
昨季までがそこそこの成績を収めていただけに、
不満が募るシーズンになる可能性は高いだろうが、
サポにしてみれば辛抱強く見守る忍耐力も必要になるでしょうね。
そんな新生チームを率いるのが柱谷幸一監督。
個人的にですが、正直良い印象はあまりないのですが、
これまで指揮したJの3クラブでは、
シーズン頭から率いさえすればいずれも好成績を収めている。
その法則が当てはまるとは考えにくいが、
もしかすると、もしかするかも知れません^^;

他にも、J2のクラブでは、
一気に選手を放出するケースが多いように見える。
それが監督の意思であれば良いのですが、
それに合わせて新監督として就任しなければいけないような場合、
即結果を望むのは酷と言うものでしょう。
今やJリーガーOB監督の経験の場ともなりつつあるJ2ですが、
そんな監督経験のない少ない状態であればこそ、
体制のしっかりしたクラブで勝利に慣れてもらいたいとも感じます。

J3が新設されるであろう来季、
J2下位クラブの降格がどうなるのか良く分かりませんが、
無残に散ってしまうようなクラブがないことを祈りたい。

さあ、いよいよ明日はゼロックスカップ。
ACLもJリーグもtotoの開幕も来週に控えるため、
今季も遂に始まったなと感じることが出来ると言うものですが、
この試合については触れないでおこうと思います^^;




テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。