スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移籍市場

来期を見据えた戦力補強として、
数人の日本人選手の名前が挙がってます。
大きな資金を有するクラブが移籍を希望する良い選手を、
獲得しようと躍起になる次期でもありますね。

話題になっている日本人と言えば、横浜Mの中沢、山瀬(功)、
そしてC大阪の香川辺りでしょうか?

中沢は日本人No.1DFなのは間違いなく、
今期不調の横浜Mにあって、安定した守備をもたらしてました。
また、何より故障が少なく、
セットプレー時のヘッドによる得点力もあるので、
どのクラブにあっても、間違いなく活躍できるでしょう。

毎年のように移籍市場に名が挙がりますが、
今年はなんと言っても浦和が狙っているようで、
埼玉出身の本人も満更でもない様子。
生まれ故郷でプレーしたいって心境は、
誰でも持っているでしょうから。

山瀬(巧)は怪我の影響もあり、最近は注目薄いですが、
得意とするドリブルやフィジカルの強さ、
そして何よりも得点力が抜群で、
攻撃的なポジションでは屈指の実力です。
しかし、やはり怪我が多いのが気になります。

そして香川は、もう言うまでもありません。
すでにメディア人気も高く、その将来性は計り知れないですね。
将来は、間違いなく海外を目差してしまうでしょうが。

その3人を根こそぎ狙っているのが、楽天マネーを有する神戸。
今年もそこそこの補強で、連勝できるチームにまで成長しました。
安定感こそ足りない印象ですが、
勢いに乗ったときの力は脅威です。
もう一つ上のレベル(優勝争いのできるチーム)にするため、
更なる補強を行うのでしょう。

選手が移籍問題で渦中にある横浜Mは、
レンタル移籍中の乾もC大阪への完全移籍が決まりそうです。
来年に向けて、中村俊輔が戻ってくることも
ほぼ決定しているようですが、
今期以上の低迷は避けたいところでしょう。
まずは、来期は使える外国人選手を吟味して下さい。

今後、J2降格が決定したクラブ、J1昇格を逃したクラブからの、
有望選手の移籍情報も話題に上がってくるでしょう。
電撃移籍なんてのもあるので、
移籍市場からはますます目が話せません。



テーマ : Jリーグ - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

あるやん

Author:あるやん
グランパス一筋。
大金掴むまでがんばりまっす。


ランキングにものんびり参加中
東日本大震災 緊急支援クリック募金
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
リンク
ブログ主にメール

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
楽天市場
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。